置賜の紅葉は10月後半から♪♪11湯巡りと癒しのサービスが満載!赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守

当館の「御殿守」という名は、上杉家赤湯御殿の用人(守番)の役職名「御殿守(ごてんのもり)」から命名されました。
当時、赤湯御殿には併設して、赤湯温泉で一番古い大湯という源泉がありました。
大湯には、上杉家の殿様の入る御殿の湯(御留湯)、上湯、下湯、馬洗いの湯などがあり、当初は御殿守と湯守は別々に任命されておりましたが、後に両方を兼ねるようになりました。
当館では代々御殿守を世襲しておりましたが、明治になり、上杉家から赤湯御殿を譲り受けました。

歴史好きにはたまらない宿だと思います

開湯900年・赤湯温泉の話

寛治七年(1093年)、奥州統一を夢見た源義家の弟義綱が出羽の平師妙の乱の際、草刈八幡のお告げにより発見し、傷ついた兵士を湯に入れたところ、たちまち傷が治って、温泉は傷からの血で深紅に染まったところから、赤い湯、赤湯となったといわれています。

古くから羽州街道の宿場町として栄えてきた湯仙郷であり、伊達藩、上杉藩の御殿湯として重宝されてきました。
「名君」として名高い上杉鷹山公もこよなく赤湯を愛し、書画を描かせたほどであり、今もって”美肌の湯”として知られています。

お着き酒

上杉家伝統のおもてなし。
まずは一献いかが…

上杉家伝統のおもてなしです。
上杉家では賓客がお着きになると お酒をお出ししておもてなしをしておりました。
玄関を上がりましたら、室町時代の復古酒でまずは一献いかがでしょうか。

こんなサービスもたまらないですよね

彩り浴衣

ちょっとおしゃれに湯上り美人。

お風呂上がりはやっぱり浴衣でしょう
到着時に色とりどりの浴衣から気に入ったものを選んで着ることもできます
こんな楽しみもいいですよね

庭園に面したくつろぎ処です。
大きな1枚板のテーブルがアットホームな雰囲気です。

お風呂

御殿守は上杉家の別荘として温泉を守り380 余年。
お殿様の” 時の浪漫湯” に思いを馳せながらゆっくりつかりましょう。
12 のお風呂はすべて温泉を毎日入れ替えていますので、清潔で新鮮な温泉を存分に楽しむことができます。

「日本一の大石風呂」「源泉枡風呂」など東湯は全部で5つのお風呂が楽しめます。

東大浴場

飲泉や温泉将棋が楽しめる大浴場。
温まりながら一勝負!

東露天岩風呂

北海道の日高の青石でつくった岩風呂です。天然記念物玉川産「北投石」が入っています。

大石風呂「龍神の湯」

南蔵王山麗より採取した安山岩、通称蔵王目透き石は重さ100トン余り、縦5メートル、横4メートル、高さ5メートルもの原石をくりぬき、その大きさはまさに日本一。

源泉枡風呂

100%源泉のお風呂です。

原石風呂

重さ40トンの大石風呂「原石風呂」。湯ぶちは天然そのままです。

軌跡の湯を作る「北投石(ほくとうせき)」

世界でも台湾と秋田県玉川温泉の2ヶ所でのみ発見され、大正11年に国の特別天然記念物に指定されたラジウム放射線を有する重晶石の一種。
温泉の成分が石化した物で、主に硫酸バリウムと硫酸鉛で出来ており、蛍光性と熱燐光を発する珍しい鉱物です。

東露天岩風呂 北投石

東湯だけでもものすごいです
このほかに西湯、貸しきり風呂があり、本当に満足の宿です。

食材王国やまがたならではの豊富な食材を駆使した、斬新な料理。
新料理長が作る御殿守の料理は、真摯な日本料理に洋の技法を取り入れた新しい山形料理の境地です。
御殿守ではお肉・お魚・野菜の全てを、料理長が厳しく選んだ物だけを使用しています。 食材から始まる美味しさの数々をお楽しみください。

ワインテイスティング

南陽市内4つのワイナリーのワインを無料で試飲できます。
日替わりで4本のワインがあるのもうれしいです。
ロビーで16時から18時まで開催、お泊りの際にはぜひ。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルでの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓


じゃらんの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓

【小野川温泉 亀屋万年閣】家庭的な居心地と山形の味覚が楽しめる名物旅館

ほたる観賞の名所として名高い米沢市の「小野川町ほたる公園 晃楽園」。
澄み切った空気に包まれた公園の周辺には、どこか懐かしさを覚えるような古き良き里山の風景が広がっています。
今回紹介するのは、その小野川町ほたる公園 晃楽園から歩いて目と鼻の先にある「小野川温泉 亀屋万年閣」(以下「亀屋万年閣」と略称)。
120年の歴史を誇る老舗の温泉旅館で、その凛とした佇まいには、趣深い威厳と風格が漂っています。


とはいえ、1歩館内に足を踏み入れると、そこは温かみのあるアットホームな空間。
玄関ホールやロビーでは、名物の看板猫が宿泊客を優しく出迎えてくれるのです。


亀屋万年閣の魅力は、良質な温泉と山形のグルメが存分に満喫できること。
豊富なメニューがそろった夕食では、滋養に富んだ地産の食材をたっぷりと堪能できてしまいます。

小野川温泉の名称は、平安時代の歌人、世界三代美女の一人でもある小野小町が開湯したことより由来しています。
1200年ほど前、834年(承知三年)、父を慕い京都より旅立った小町が病に倒れた際、この地の温泉に浸かり、すると病も癒え、元通りの絶世の麗人になったといわれ、「美人の湯」といわれています。

<高い美肌効果>
含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物泉と硫黄を含んだ温泉で、美肌・美白効果が非常に高く、また体の芯から温まり、お肌はしっとりと感じられます。
近年、科学的な分析により「メタケイ酸」の含有量が全国でもトップクラスであることがわかりました。また新陳代謝を促進し、つるつるなお肌にもしてくれます。

男湯も女湯も24時間利用が可能。
どちらの大浴場にも内湯と露天風呂が完備されています。

<内側からも健康に>
全国でも飲むことのできる温泉はめったにないのですが、小野川温泉の湯は飲用することができます。
飲用することにより、胃腸病や糖尿病、痛風など外側からだけでなく、内側からも様々な効能があります。
当宿のお風呂は、すべて源泉掛け流し100%の温泉です。どうぞごゆっくりお愉しみください。

露天風呂も源泉かけ流し。
壁に囲まれたお風呂ですが、一部に竹垣をめぐらせるなど、和の趣が演出されています。

米沢牛プラン、スタンダードプランからお選びいただけます

●米沢牛プラン
大きな寒暖差、澄んだ空気ときれいな水から育まれた特上の霜降り牛 「米沢牛」を「しゃぶしゃぶ」または「すき焼き」または「ステーキ」で楽しめるプランです。

●スタンダードプラン
もっともリーズナブルでスタンダードな料理です。
地元の旬の食材を使い、 そのものの味を存分に味わうコースです。

大樽川のほとりに開かれた小野川温泉。
小野小町に所縁が深い温泉郷には、ホタルの生息地やスキー場など、季節の移ろいが楽しめる観光スポットがあちこちに点在しています。
今回紹介した亀屋万年閣は、温泉郷の中心街にある趣に満ちた温泉旅館。
宿の正面には共同浴場の「尼湯」があるため、ひときわ色濃い温泉情緒に包まれているのです。
亀屋万年閣の特徴は、心安らぐ快適な客室がそろっていることでしょう。
小野川温泉は季節を問わずに楽しめる温泉郷。
ぜひ亀屋万年閣に宿泊して、小野川温泉の魅力を肌で感じ取ってみてください。

この宿はオンライン予約ができます
インターネットでポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルでの予約はこちら
 ↓ ↓ ↓



他にはない絶景!渓流沿いに佇む秘湯の一軒宿  ※今年は11/4迄営業 滑川温泉 福島屋

滑川温泉「福島屋」(山形県米沢市)は、秘湯の一軒宿。
周辺には秘湯が多く、米沢八湯や置賜秘湯八泉と呼ばれます。
山深く一面の森に囲まれ、特に新緑や紅葉が絶景。
露天風呂で温泉に入浴しながら紅葉狩り出来る上に、内湯や客室等の館内至る所から紅葉の眺望を楽しめます!
多数の浴場を湯めぐり出来る温泉三昧の宿で、日帰り入浴でも利用可能。

滑川温泉「福島屋」 のお風呂は全て源泉掛け流し。
3つの自家源泉からは乳白色の濁り湯が絶え間なく浴槽に注がれ、惜しげもなく使い捨てにされています。
自然のものを自然のままに、加水・加温・循環消毒は一切行っていません。
数々の温泉ファンを唸らせる、極上の温泉をご堪能下さい。


滑川温泉「福島屋」は川に面した秘湯で、川で滑って手をついた所が暖かかった事から、温泉を発見したのが名前の由来。
川の対岸の山肌が春の新緑と秋の紅葉で彩られる様子が特に美しく、断然おすすめの季節です!

山中の一軒宿ですが、日本秘湯を守る会に加盟しているので知名度は抜群。
奥には姥湯温泉「桝形屋」もあり、温泉好きなら二軒とも日帰り入浴するのが定番コースになっています。


ダイナミックな自然と一体となることが出来る岩の露天風呂です。
前川を見下ろしながらの入浴は、正にワイルド!
これこそ秘湯です。
女性専用時間もあります。

秋になると周囲が十分に紅葉しているのに、露天風呂の真上の木だけが青々となります。
露天風呂の湯気の暖かさで、紅葉が遅れているのです。
温泉場では、このような事はよくあります。
真上の木が色付く頃には、周囲の紅葉は終わってしまうので、周囲の紅葉が見頃に時期に行くのが正解です。

滑川温泉「福島屋」には、もう一つ檜の露天風呂があります。
川の対岸の紅葉が目前に迫り、紅葉狩りに最適。
曇天でも美しさは分かりますが、やはり晴天の日に太陽に照らされた紅葉の美しさは最高です!

滑川温泉「福島屋」には、石造りの混浴内湯と女性専用内湯もあります。
両者とも天井が高く、湯気が篭もらないのが特徴です。
秋には内湯の窓からも、一面の紅葉を楽しめます。

地元の新鮮な食材を大切にした手作りの家庭料理。
岩魚は、半日かけて骨もわからないほど、柔らかく優しい味で炊き上げています。
旬の食材は力強い大地の恵み、その季節ごとの旬の素材を大切にした料理を、存分にお楽しみください。

主に一泊二食付のプランで使用する棟。
さほど広くはないながらも、居心地のよいお部屋です。
室内設備はテレビ・セーフティーボックス・館内内線電話など。
客室に冷蔵庫はありません。
眺めの良い川側の部屋、静かに落ち着ける山側の部屋など、希望により選ぶこともできます。

秘湯の一件宿で、心から癒されてみてはいかがでしょう

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルでの予約はこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんでの予約はこちら
 ↓ ↓ ↓

「未来へ守り伝える百年の湯宿」をコンセプトに自然と時を歩む宿。白布温泉 湯滝の宿 西屋

創業は鎌倉時代まで遡る歴史ある旅館です。
吾妻山の豊かな自然と、滾滾と湧き出る温泉に童心が誘われます。

江戸中期から昭和時代にかけて建てられた築約百年の本館。
古さゆえ他の部屋や館内の物音がします。
昔のままの人と自然との距離感。

築百年を超える本館。
隣室や廊下の音・気配が感じられます。
館内は段差が多くエアコンもありません(離れ以外)。
夏は夏なりの暑さ、冬は雪国ならではの深い銀世界と寒さに包まれ、現代の快適な住環境とは無縁の古の佇まいです。

白布・西屋の歴史

白布温泉の開湯は古く、正和元年(1312 年)に遡ります。
程なくして西屋も創業したと伝えられております。

当館祖先が明暦三年(1657 年)に書き残した白布温泉に現存する最古の文書「先祖本書記」によりますと、江戸幕府開闢の頃、かの直江兼続公が秘密裏に戦の準備を進めるため、はるか堺州和泉(現在の大阪府)から呼び寄せた鍛治職人たちに白布温泉で鉄砲を作らせたとのこと。
その際、上杉藩の命により、西屋の先祖は職人の寝食の世話を引き受けたと書かれております。
当時より山間ののどかな湯治場として名を馳せ、江戸中期の旅行記には「蔵王温泉」「高湯温泉(福島市)」とともに“奥州三高湯”と紹介されました。

幾多の災害も経験しましたが、今なお変わらぬ姿でお客様をお迎えしております

西吾妻から湧き出る源泉を滝のように豪快に浴びられる「湯滝」がこちらの自慢です。

湯量豊富な白布温泉のシンボル、湯滝風呂

西屋の湯滝風呂は今から約300年前、江戸時代中期に吾妻山麓の御影石を切り出して造られました。
今なお当時の原形を保ったまま、流れ落ちる温泉を受け続けています。
ご宿泊でのご利用のほか、日帰り入浴でもご利用可能です。
豪快な湯滝の音と素朴な石造りのお風呂が醸す古き良き湯の癒しに、どうぞごゆっくりお寛ぎ下さい。

屈指の湯量を誇る白布温泉の象徴でもある豪快な湯滝、かつての湯治場そのままの簡素な洗い場、温泉の流れる渡り廊下など、他所にはない独特のスタイルを持つ総ヒバ材のお風呂です。

温泉成分によってすっかり黒変した浴槽は、江戸時代中期、職人さんが大きな御影石を切り出して建造したもの。以来300 年近くも現役でお客様を癒し続けています。

湯滝風呂入口の、足下を掛け流しの温泉が流れる渡り廊下

家族風呂

空いていれば予約不要で入れる、内鍵式の貸切風呂です。
宿泊の方のみ利用可能で、滝の音に敏感なお子様や混浴を楽しみたい方のための静かなお風呂です。
この風呂は入る人の好みに温度調節できるよう、基本的に加水していません。

内鍵式の貸し切り風呂。
少人数・家族でゆっくり楽しむことができます。

米沢名物・米沢牛や、地元でとれた美味しい農作物の数々が、日頃の疲れを癒します。
特に米沢牛しゃぶしゃぶは当旅館推しの自慢の味。
ぜひご賞味を

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちらから
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちらから
 ↓ ↓ ↓


紅葉プラン発売中!!カップルやご家族で!掛け流しの温泉が自慢宿 小野川温泉 名湯の宿 吾妻荘 

小野小町が愛した美肌の湯を源泉掛け流しで。
夕食は米沢牛か山形牛のすき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキよりお選びいただき、手作りの郷土料理が人気。
貸切風呂もありカップルや家族に喜ばれています。

コンセプト「いい湯 くつろぎ 里帰り」

1000年前より湧き出で、小野小町が発見したとされる小野川温泉。
源泉かけ流しでよく温まり、疲れがすっと抜けるような名泉です。

当館は、寛政元年(1789年)より湯治宿として地域に愛されてきた温泉宿です。

気持ちのいい温泉、とろける米沢牛と手作り郷土料理、米沢らしいおもてなしで、ホッと田舎に帰ってきたような宿を目指しております。

源泉かけ流し 35年の歳月を経て 地上に湧き出る極上の名湯

天然温泉掛け流し。
疲れにすっと効き、お肌もツルツルになる自慢の温泉です。
硫黄のかおりと湯花(温泉成分が固形化したもの)が温泉情緒を醸し出します。

四季の郷土の食材、米沢牛のすき焼き 伝統料理と山菜

吾妻荘の郷土料理は四季折々の郷土の食材を、板前が一品一品手をかけて郷土会席にあつらえます。
春に山菜、夏には地野菜、秋はきのこ、冬には温泉の熱で栽培したもやし、浅葱。
とろけるような米沢牛、清冽な流れで育った鯉、山女魚。故郷の旬をお楽しみ下さい。

米沢牛 特A5ランク ステーキ

とろける肉質 あふれる旨味

米沢鯉の甘煮

昔からお祝いなどの席で食べられてきた鯉。
あまからいタレで栄養満点。

岩魚、山女

最上川の源流で育った新鮮な川魚を塩焼きで

ほかにも、季節季節の料理を楽しむことができます

この宿はオンライン予約ができます
インターネットでポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちら
 ↓ ↓ ↓