源泉掛流しの濁り湯と、体に優しいヘルシー料理を愉しむ癒しの旅へ にごり湯の宿 湯守 木村屋 宮城県

宮城県の鎌先温泉木村屋の温泉は床が茶褐色になるほど濃厚な温泉を
100%掛け流しでお楽しみいただける「にごり湯」となっております。 

53242.jpg

創業元禄元年以来、当館は多くのお客様をお迎えして参りました。 
滾々と沸き続ける当館の「にごり湯」は少々ぬるめの温泉ですが、
昔から万病に効く温泉として、 今日まで温泉好きのお客様には
大変ご満足いただいて参りました。

特には神経痛、リウマチ、腰痛、手術後の傷の早期回復などに卓効が認められます。鎌先温泉の発見は、正長元年(1428年)、
白石の一樵夫がこの山中に入り、 
喉の渇きを覚えたので水を谷間に求めたところ、
たまたまそこに温泉が湧出しているのを発見し、 
鎌の先で岩をうがって湧き口を探し出したといい、
そこから鎌先の地名が起きたといわれています。

昔から、鎌先温泉は湯治として有名であり、 
特に当館の展望露天風呂のにごり湯は、
心身ともに暖まりどんな病気でも良くなる温泉です。

こちらの温泉は床が茶褐色になるほど濃厚な温泉を
100%掛け流しでお楽しみいただける「にごり湯」となっております。

spa-tengu (1).jpg

創業元禄元年以来、当館は多くのお客様をお迎えして参りました。 
滾々と沸き続ける当館の「にごり湯」は少々ぬるめの温泉ですが、
昔から万病に効く温泉として、今日まで温泉好きには大変な満足をいただいており、
特には神経痛、リウマチ、腰痛、手術後の傷の早期回復などに卓効が認められいます。

spa-nigoriyu.jpg

泉質は、「ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」で鉄イオンを若干含むため、
湯の色はわずかに茶褐色になります。

spa-sazanka.jpg

これが、古くから「傷は鎌先」と呼ばれる「薬湯」の温泉で、
新湯と呼ばれるこの宿の源泉は、2つの顔を持つ効能豊かな温泉です。

spa-sazanka.jpg

まずひとつは、すなわちカラダの芯から温まる「熱の湯」という側面を見せ、
もうひとつは、ナトリウム-硫酸塩泉(芒硝泉)の側面があり
保温効果の他に血管拡張作用で身体の末端まで温めてくれます。

これら2つの特長を持つ温泉こそ、「薬湯」と言われるのです。

またお湯のイオン濃度pH(ペーハー)が6.9のほぼ中性であるため、
お肌にも低刺激なところがこの温泉の人気の秘訣かもしれません。

この「薬湯」=「濁り湯」の泉温は37.7℃と低いですが、
これを適温に加温して源泉100%かけ流しで楽しめるお風呂が当館の自慢です。

情緒たっぷりに旅の一日を満喫させてくれる、
日本の宿にふさわしい落ち着いた風情の客室です。
どのお部屋からも蔵王の四季が一望できますように配慮されております。

header.jpg

館内に溢れる寛ぎの空間は、客室にも同様に表現されています。
建物は「白萩荘」と「麗明館」に分かれています。

「御幸」の1室のみで、1

room1.jpg

2.5帖のゆとりある和室に、
ツインのベッドを配し、鎌先温泉を見渡せる広縁を備えております。

こちらは有名ホテルでも使用されているシモンズ社のベッドを
採用しており快適な眠りをお約束いたします。
夫婦の記念日など特別なひとときを過ごされる方は是非ご利用くださいませ。

宮城の旬の恵みの食材や地元農家で育てられた朝獲りの新鮮野菜などを使用し、
調理長が一品一品真心を込めて手づくりされた旬の会席料理をご提供いたしております。
山の幸と海の幸のバランスを考え、ボリュームだけでなく、女性にも喜ばれる
ヘルシーなメニューも豊富にございます。

img02.jpg

四季折々の味覚を、楽しんでください。

湯守木村屋の日帰り温泉で別世界のひと時を楽しんでみませんか?

場所はこちらです
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

投稿者: さくたろう

ようこそ さくたろうです 温泉がとにかく好き! 温泉に行って癒された~~い いろんな温泉に浸かってみた~~い そんな皆さんのページです。 温泉好きが高じて、このサイトを立ち上げました。 拠点は東北ですが、全国のいろんな温泉に入りたいと思っています。 ぜひここは!という温泉をご存知の方、 コメントに残していただけるとありがたいです。 ブログランキングにも登録していますので、 ご協力お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です