夜は「ランプ」だけ。4つの湯めぐりと、穏やかな時間が流れる。ランプの宿 青荷温泉 青森県

青森県黒石市黒石温泉郷にある温泉です。

ランプの宿「青荷温泉」とは・・・
開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。

kaki-honkan_2016.jpg

2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、
「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ~!」
(ゆったり、じっくり)

深い山間にひっそりと佇む青荷温泉はランプの宿としてよくメディアに登場するほど有名な温泉宿。

青荷温泉へと向かう山道へは各カーブへ津軽弁でよく理解のできない言葉が書いてあり、それを考えながら宿へと運転しているとあれっもう到着?と驚くほど早く着いたような気になる。粋なおもてなしだなと感心してしまった。

images (6).jpg

ランプの宿といってものまったく電気を使っていないわけではなく、最低限の電気は自家発電で賄われている。

宿はランプの宿というからには鄙びた宿だろうなどと勝手な想像を膨らませながら訪れてみると、えらく立派なお宿が・・・。

genkan_naka01.jpg

本館以外に団体向け離れは木造や茅葺屋根で鄙びたいい雰囲気だった。

front.jpg

到着したのはまだ日の高い昼過ぎ。

平日だったためか、客はまばらでそれぞれのお風呂にのんびりと入ることができた。

日帰り入浴だったので、部屋にいくことはなかったが、後から聞いた話では、鍵も渡されず部屋の金庫へ貴重品を入れるシステムのようだ。ちょっと無用心だなぁと感じたがしかたない。

光りは部屋の中央からさがっているランプ1つと暖房からのオレンジっぽい光りのみ。

kenroku_naka.jpg

本物という感じではなく演出チックな感じはあるが、この演出に喜ばない人はいないのではないか・・・というほど良い世界観のようだ。
いずれは泊りで来てみたいと思った。

大広間(食事何処)の並びへ1部屋休憩室がある。
休憩室へ並ぶアンティークランプを眺めながらリンゴをかじっている人がいた。
この部屋は日帰りでも使う事ができるらしい。

ちなみに大広間、朝夕の食事はここ大広間で食べる。
夕食時の暗闇も、目が慣れてくるとランプの明かりで情緒いっぱい・・・
思い出の一コマ間違いなし!

ohhiroma_02.jpg

さていよいよ風呂だ。

離れの湯治宿雰囲気と同様に湯治ムード満天の龍神の湯・露天風呂は、温度がぬるめになっていて入りやすかった、ただし冬に来たらちょっと温まるのに時間が必要かも、などと考えたりした。

images (5).jpg
13606550_954020254697030_1006183557640701884_n-thumbnail2.jpg

源泉の味はおいしいミネラルウォーターのようで甘っぽい匂いがした。お湯には白と茶色の細かい湯の花が少しだけ舞っていた。
入っている最中に宿の人がランプを持ってきて、何カ所かにセットしていった。
薄暗い中、ランプの明かりで温泉に入るもなかなか良いものである。

屋外のところには壺湯?のようなものがあるが、露天風呂に何人か入っていると、そこまで行くのが若干緊張する。
壺湯?から左を眺めると、なんとそこにも小さな露天風呂があり、そちらはだいぶぬるかった。

龍神の湯からそのまま内湯へ駆け込んだ。
こちらの温度は適温。
窓を開けると空もみえ、涼しい風が気持ちいい。

images (4).jpg

貸切状態で入ったり、涼しい風にあたったりとしばらく楽しむ事ができた。

いったん上がって、受付を通り過ぎて表に出ると離れの健六の湯がある。

images (3).jpg
13524376_954020308030358_4779634282734565863_n-thumbnail2.jpg

健六の湯は比較的新しい建物で、木の色も明るくとても綺麗。こちらのランプは外にあるのと同じでアクリル?で覆ってある。
このランプは電気が使用してあるようだ。

こちらは女性のみ露天風呂がついているらしい。

露天風呂ではないが、男子風呂も明るくてとても開放的なつくりをしている。
床として使っている木もすごくいい感じだ。

images (1).jpg

鄙びた木造の宿を想像していたが、立派な宿だったのが少し残念だったが、
お客さんが何を求めているのかがよくわかっている方が経営されている事が宿を見てよくわかる。

ランプの素朴感と湯治ムードのお風呂、そして綺麗に清掃されたピカピカの廊下。

素朴な雰囲気を楽しみたいけれど、本当のボロボロ旅館だと汚いし・・
などという心配もなく誰もが喜ぶ創作旅館ではないだろうか。

夕方からランプがいたるところで灯され、まるでクリスマスのようにキラキラしている。
クリスマスや年越しに静かな時を過すにもお勧めの宿。

13606982_954020191363703_1372753116274675465_n-thumbnail2.jpg

ランプは専用のランプ小屋で管理されており、
毎日200個近くのランプの手入れがここで行われてる!!

images (2).jpg
touki_lampkoya2.jpg

宿の客層はどちらかというとご夫婦やカップルが多そうだ。

15:00を回り、すっかり堪能したので、帰ろうとしたところ、家族連れが坂を下ってきた。
その家族も入浴のみの目的だったため、玄関で断られていた。
日帰り用の駐車場は坂の上のため、結構な距離をあるくので、早めに来るのが良いようだ。

宿泊料金 1泊2食付9,600円~/素泊まり7,500円~
お風呂の種類と数 内風呂:男女各2,混浴1/露天風呂:女1,混浴1
日帰り入浴時間 10:00~15:00 1人500円 通年営業
温泉データ
湯づかい 源泉掛け流し 成分量 – 泉質 単純炭酸泉(無色透明、無味無臭) PH – 湧出量 – 源泉温度 41.7度 源泉名 青荷温泉4号泉

こんな記事時もアップしてます。
お近くの道の駅情報になります
↓↓↓
http://www.meitouhitou.site/article/441595002.html

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓
https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hinfo/79441/?f_teikei=

じゃらんからの予約はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓

商品リンク

江戸末期から続く、築160年以上。千二百年の湯めぐり 大沢温泉 岩手県

純和風の山水閣の別館として、豊沢川を挟んで対岸にある宿。
山水閣、昔の湯治場のままの自炊部と3棟の4ヶ所のお風呂が湯めぐりして楽しめます。
昔ながらの木枠の窓ガラスで田舎に帰った気分を感じてください

DSC01660-thumbnail2.jpg

旅館部・自炊部・離れに菊水館と広い敷地に趣のある、まるで千と千尋の神隠しに出てきたような建物が軒を連ねています。

開湯はなんと1200年前、征夷大将軍・坂上田村麻呂が入浴して傷を癒したと言われています。

今回のお風呂の写真は一部HPから借用しています。
自炊部に入ってすぐ休憩室がありますが、その休憩室も昭和を感じさせる趣で、湯上りにテレビを見たり、寝転がったりそれぞれ寛ぐスペースになっています。
菊水館の建物も茅葺き屋根の横長の建物で周りの木々と一体化してまさに日本の田舎を連想させる建物です。
実はこの建物藩政時代からのものだそうです。
いよいよ風呂の話です。

map.jpg
day.png

山水の湯 ※山水閣宿泊者様専用

sans_sansui_pic1.jpg

川に面した大浴場からは、額縁のように切り取られた四季折々の山の景色が目の前に広がります。
季節の香りとマイナスイオンに包まれる露天風呂も爽快な湯心地です。
(シャワー・シャンプー・ボディソープ・ドライヤー有り)

豊沢の湯

DSC_0058_3-thumbnail2.jpg

男女別の岩風呂になっており、夏期はガラス戸を外して半露天になります。
※冬季はガラス戸を入れ、内風呂になります。
24時間入れるのですが、問題は夜の虫。
向かいの森の中に電撃殺虫器が沢山設置してあり、意外と虫は来なかったです。
(シャワー・シャンプー・ボディソープ・ドライヤー有り)

大沢の湯

caption.jpg

大沢温泉といえば、この大沢の湯。
源泉掛け流し男女混浴大露天風呂。
すぐ隣が豊沢川になっており、景色を満喫できます。

橋から200年物の湯治屋を眺めます。

DSC_0029_3-thumbnail2.jpg

橋から丸見えな 大沢の湯。

08450002-thumbnail2.jpg

混浴ですが、勇気いるよね。
★女性専用タイム 20:00~21:00
アブが出る時期は除きます。

薬師の湯

touj_yajkushi_pic1.jpg

源泉掛け流し男女別内場。レトロなタイル貼りのカーブした浴槽と螺旋階段が特徴。
(シャンプー・ボディソープ・ドライヤー有り)

かわべの湯

touj_kawabe_pic2.jpg

源泉掛け流しの女性専用露天風呂。温泉をじっくり楽しんでいただけます。
(シャンプー・石鹸はお使い頂けません)
厳冬期、気温の低い時間帯は使用できないことがあります。

そして食事ですが
毎月献立のテーマが変わる、
季節に合わせた「本格会席膳」。

すこやかな大地から届く確かなもの、たゆまないもの、その時季にいちばん美味しい旬の食材を厳選してお届けします。
みずみずしい季節との出会いをご賞味ください。

ちなみに9月のスタンダードはこれ

20170903_2414104.jpg

特選膳はこれ

20170903_2414106.jpg

大沢温泉にある 山水閣 菊水舘 湯治屋 の3つの建物ですが、それぞれに特徴があるんですが、
おすすめは断然 湯治屋。
上に載ってるような豪華な膳は出ませんが。。。。
昔ながらの湯治宿で、レトロ気分を味わえます。

湯治屋は持ち込み自由。
というか湯治なので当たり前で 長期滞在するお客は布団も持参するそうです。
北上には激安スーパーオセンがありますので、そこで食料を買い込むといいかもしれません。
部屋には冷蔵庫もあります。

湯治屋には「やはぎ」という食事処があるのです。

17540001.jpg

面白いのが、やはぎからお部屋まで50円で出前が取れます、50円がもったいなければテイクアウトも可能です。

ガスは10円を入れて、レバーを半回転させると、一定時間ガスが使えます。

DSC01631-thumbnail2.jpg

面白いですよね。

ほかにも、こんな見た目なのにVISAカード使える素敵な売店。

DSC01643-thumbnail2.jpg

部屋のセキュリティーも万全!
内側にある鍵?だけ。

DSC01664-thumbnail2.jpg

お風呂に入ってる時は鍵をかけられません、無防備です。

こんな、楽しみが満載です。
部屋の中だからといって、普通の声でしゃべるのも厳しいです。
廊下を歩くにも、普通に歩くことはできません。
抜き足差し足状態です。

廊下を人が歩くと、部屋が揺れたりします。

こんな楽しい宿、泊まってみるしかないでしょう

場所はここです

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ

菊水館
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

大沢温泉 菊水舘

湯治屋
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

大沢温泉 自炊部

山水閣
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

大沢温泉 山水閣

じゃらんからの予約はこちらからどうぞ

菊水館
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク

湯治屋
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク

山水閣
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク

朝夕個室食と貸切風呂の宿 花巻台温泉 松田屋旅館 岩手県

岩手1位の実績(じゃらん売れ筋10室以下)。

Y310847325.jpg

温泉とお食事で健康づくり支援。
朝夕個室で選べる夕食(口コミ4.2点以上)。
2か所の大浴場の他、趣の異なる3ヶ所の貸切風呂を無料で何度でも楽しめる。(平日限定)

04301_2.jpg

今回の紹介は、楽天トラベルのページからの画像を使わせていただきます。
そうとうリーズナブルですが、いいお宿です。
超お勧めです。

まずは、ロビーで出迎えてくれる囲炉裏に南部鉄器の湯釜が岩手って感じ。

04302_2.jpg

 ロビーではコーヒー飲み放題です。

まずは自慢のお風呂ですが

2MapyR.jpeg
SiuC8x.jpeg

食事は

PWw5RB.jpeg
9aHLTe.jpeg

ここからが、さらにおすすめです!

HmQRlK.jpeg
ePzo2w.jpeg
wO8Ze1.jpeg

どのコースがお好みですか?

一番おすすめのコースはこれです!
岩手の食材を囲炉裏でじっくり焼いて楽しめる

QGx83a.jpeg

お部屋についてもなかなかです。
落ち着いた雰囲気のなかで、ゆっくりとくつろいでください。

jgSQiH.jpeg
89a06bdcde71f2b2f750d8bf26a4a5ae54e97107.10.2.9.2.jpeg
a1fc50b776c39f90379bcd19e4ba39e0ca247828.10.2.9.2.jpeg

場所はここです

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

花巻 台温泉 松田屋旅館

じゃらんからの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク

『しんとろりん』なうなぎ湯の宿へようこそ! 名湯秘湯うなぎ湯の宿 旬樹庵琢ひで 鳴子温泉 宮城県

tle2.png

d29845f54b86df2d24cccf71c8859814.jpg

とろりとした肌ざわりの自慢の「うなぎ湯(強アルカリ源泉)」は湯上がりにお肌はすべすべで化粧水はいならいと評判。
さらにその自慢の湯を8ヶ所のお風呂をたのしめる。
地と旬の食材で宮城にこだわる会席は、料理長がお客様に「和の調べ」をしながら楽しめる料理が満彩。
自慢の温泉と料理で時を忘れた余裕の時間を満喫してください。

紅葉の名所「鳴子峡」まで徒歩10分!■日本秘湯を守る会の宿■

img3.jpg

三百有余年の歴史がある名湯「うなぎ湯」と呼ばれ称されるこちらのお湯は、化粧水のようにとろりとした肌触りが特徴で「美肌の湯」全ての条件を持つ極上の温泉として女性を中心に大変喜ばれております。

1, 皮脂や角質層・老廃物を溶かしツルツルの肌にする作用がある“アルカリ性”
2, 美白効果と紫外線から肌を守る作用があり皮脂を取り美肌効果のある“硫黄泉”
3, 肌の皮脂や汚れを難化・乳状にして洗い流す作用がある“炭酸水素塩泉”
4, 肌のハリと弾力を呼び起こす作用とアンチエイジング効果、
  肌荒れを防ぐ薬効な“硫酸塩泉”

下記のような症状には特におすすめです
肌あれやニキビが気になる方。
肌のハリと弾力を回復させたい方。
オイリースキンでお悩みの方。
軽~中程度のアトピー性皮膚炎の方。
高血圧症、動脈硬化症が心配な方

造屋根付き岩風呂『鶴の湯』

rimg1_1.jpg

4本の柱で支えられた木造屋根付き岩風呂。

rthm1b.jpg

本館からは離れた別棟に位置しているため、自然の静寂を感じながらお楽しみいただけます。
おとなりの亀の湯とは時間帯で男女入れ替え制となります。(深夜は調整時間がございます。)

亀甲檜風呂『亀の湯』

rimg3_1.jpg

檜の木枠で六角形の湯舟が造られた亀甲檜風呂。
本館からは離れた別棟に位置しているため、自然の静寂を感じながらお楽しみいただけます。

rthm3a.jpg

おとなりの鶴の湯とは時間帯で男女入れ替え制となります。(深夜は調整時間がございます。)

樽風呂『芍薬の湯』

rimg2_1.jpg

芍薬の湯に併設された樽風呂。

sthm4b.jpg

本館2Fに位置し、山間を見下ろす景観が楽しめます。
お隣の石橋の湯とは時間帯で男女入れ替え制となります。
芍薬の湯(内風呂)と繋がっております。(深夜は調整時間がございます。)

混浴露天風呂『長生の湯』

rimg4_1.jpg

長生の湯に併設された混浴露天風呂。
一番広い浴槽を備えています。

rthm4a.jpg

混浴ですが女性側内湯からの出入口は男性側からは見えにくい造りになっており、安心してお楽しみいただけます。
※6:00~7:00/20:00~21:30は女性専用時間となります。
(※但し特別清掃実施日は、夜間まで温泉調整にお時間を頂戴しているため、朝6:30~8:00が女性専用時間となります。)

内風呂『長生の湯』

simg2_3.jpg

本館に位置し、一番“うなぎ湯”を感じていただけるお風呂です。
混浴露天風呂と繋がっております。(深夜は調整時間がございます。)

内風呂『石橋(しゃっきょう)の湯』

simg1_1.jpg

本館2Fに位置し、一枚岩を刳り貫いた湯船で体の芯から温まります。
お隣の芍薬の湯とは時間帯で男女入れ替え制となります。(深夜は調整時間がございます。)

rthm2b.jpg

という豊富なラインナップ。
どの風呂から入るか、本当に迷います。

料理は四季折々の地元食材をふんだんに使用した懐石料理です。
どのコースでも共通な料理として
地鶏と芋団子のセリ鍋
宮城県とくれば、セリ鍋が有名ですが。
こちらでも召し上がることができます。

ippin_autumn04.png

そのほか、揚げたてアツアツの舞茸ときのこの天ぷらがあります。
膳料理は、例えば匠の膳(秋)が

2017a_t_img.png

肉も良いですが、この吉次のうまそうなこと

くつろぎの部屋はこちらです。

room04-01 (1).png
room05-01.png

日本秘湯を守る会の提灯に偽りなしです!
文句なし!
素晴らしい宿です。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

名湯秘湯うなぎ湯の宿 旬樹庵 琢ひで

じゃらんからの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク

湯守が守る掛流し温泉と個性派ぞろいの8つの風呂。五感を潤す旅を 東鳴子温泉 旅館大沼 宮城県

旅館大沼は源泉掛け流しの庭園貸切露天風呂など8つの個性的なお風呂が楽しめます。

811883_15072411170032946272.jpg

その内5つは貸切りOK!B&B(1泊朝食付)や湯治も選べる自分流の宿です。
女性の一人旅でも安心してご利用いただけます。

今回はHPの画像などを借りながら、平行してご案内いたします。名湯の鳴子温泉郷
鳴子温泉郷は1200年の湯歴を持つ日本屈指の古湯で、奥州三名湯のひとつに数えられます。
現在でも鳴子温泉郷内には400本近くの源泉が湧き、日本にある泉質11種類のうち9種類もの多彩な泉質が湧出するバラエティに富む温泉地です。

旅館大沼がある東鳴子温泉は十数軒全ての宿が違う重曹泉を持つ、日本でも希有な重曹泉地帯です。
そうした地域の特長を活かし、東鳴子温泉は2007年4月1日に「重曹泉の郷宣言」をしました。

旅館大沼は「美肌の湯」
旅館大沼には2本の重曹泉があります。
1本は純重曹泉で旅館大沼創業以来の自家源泉。
大震災で電源がない中でも自然に湧き続けた湯です。
もう1本は東鳴子温泉の数軒で使っている含食塩・芒硝重曹泉の共同源泉です。

重曹泉という泉質は美肌の湯の代表格です。
肌表面の老廃物や汚れを除き、肌がふっくらすべすべになることから、女性の方にとても喜ばれております。
また、単に美肌づくりだけでなく、真剣に肌のトラブルに悩む方も通って来られます。

温泉の力
当館の自家源泉はうすい紅茶色をしており、とろりとした肌ざわりで独特の木の香りがします。
共同源泉は透明な温泉で塩分を含んでおり、そのコーティング効果で保温にすぐれています。
いずれも入浴するだけで体が楽になる力に満ちた温泉です。

どちらも体の芯から温まる温泉で、湯上がり後はいつもまでも体がぽかぽかしています。
体が温まることにより、血流が良くなり、体内の細胞が活性化され、新陳代謝が活発になることで体内にたまっていた老廃物などを排出しやすくなります。

たまったものを出せば、自然に入ってくる。
バランスを変えると、バランスをもどそうとする。
放電と充電は私どもが長年温泉宿を営んで来て実感している温泉浴の反応プロセスです。

温泉を上手に活用すれば、しストレスを解消し、自己免疫力や自然治癒力を高まめ、自分で自分の心身を良くしてゆくことができます。

自然の力で体を癒す「湯治」
まだ医療が発達していなかった時代、温泉は病を治してくれる神の水として崇められてきました。
近年では、過酷な農作業や漁業における疲れをとり、明日への新たな活力を作ってくれる「湯治」という温泉保養スタイルがあり、1年の労働サイクルの農漁閑期に組み込まれ、予防医学的にも大きな貢献をしてきました。

「湯治」は病気を治すというよりは、辛い日々から解放されてのんびりするかけがえのない「ハレ」の日でもありました。
まさに、日本人のバカンスの原点と言っても良いでしょう。

忙しい現代社会において、多くの人がなんらかの半健康体となっています。
日本人が経験的に行ってきた「湯治」という自然の力を活かした保養術をそれぞれの人生の中に活かし、自分本来の心身にもどしてゆくことは大いに意義のあることと思います。

こちらの宿のお風呂の紹介です

庭園貸切露天風呂「母里の湯(もりのゆ)」

Y342408133.jpg

宿の裏山には、湯の三昧にいたる小さな貸切の露天風呂があります。
命の洗濯「快浴洗心」の境地をお楽しみ下さい。
※石鹸は置いてません。

混浴大浴場「薬師千人風呂」【含食塩・芒硝重曹泉混合泉】

mainimg_07.jpg

昔ながらの混浴大浴場(女性専用の時間帯もあります)。
掘削自噴の湯がどんな時も自然に流れ込む伝統の風呂。
高橋典子さんが描く天子の壁画が心も癒します。
中央に大きな座石があり半身浴にも最適です。

女性専用「天女風呂」【純重曹泉】

images.jpg

当館の自家源泉のみが注がれた女性専用のお風呂。
天然の重曹成分が80%以上もある日本でも珍しい源泉です。
天然の保湿成分である「メタけい酸」もたっぷり含まれたまさに美肌づくり王道の湯です。

内庭足湯露天風呂「石割の湯」【含食塩・芒硝重曹泉混合泉】

isiwari.jpg

大正時代からそのままの石組みの内庭露天風呂。
掘削自噴の源泉が常に流れ込んでいます。
その風情とともに自家源泉の純重曹泉と含食塩・芒硝重曹泉の源泉ブレンドをお楽しみください。

※足湯専用のお風呂です

「陰の湯」【純重曹泉】
貸切可能

yakuseki.jpg

古来より薬効が高いとされる薬石を数種類、一つずつ浴槽に埋め込みました。
石から出る薬効成分と遠赤外線が純重曹泉との相乗効果を生み出します。
体に痛みのある方は是非お試し下さい。

「陽の湯」【純重曹泉】
貸切可能

caption.jpg

浴槽を壁に高温で焼いた備長焼竹炭をたっぷり練り込みました。
純重曹泉が炭の力でさらになめらかにとろとろになりました。
特にお肌のトラブルが気になる方におすすめです。

「灯りの湯」【純重曹泉】
貸切可能

kazoku.jpg

女性専用の天女風呂と同じく、自家源泉の純重曹泉100%の小さなお風呂です。お一人で入りたい方。一緒に介添えをして入る方。それぞれの使い方でご入浴ください。

芳香浴「ふかし風呂」
貸切可能

BLGA5320230a53cd7_Wx100_5320230a58af9@2x.jpg

床下に温泉が流れ込む小さな部屋のお風呂。床から伝わる温泉熱と源泉が流れ込む音で深いリラックスを得られます。温泉浴ではないので着衣のままご利用になれ、疲労も少なくてすみます。

食事はこちら

スタンダードプランのお食事

standard.jpg

旬の素材が並ぶ会席膳です。
様々なお味を楽しめるバランスの良いメニューをお楽しみ下さい。

一汁三菜プランのお食事

ichiju-sansai.jpg

塩竈の藻塩と国産小豆を加え炊きあげた玄米を、発酵熟成させたお米。
地元でとれた旬の野菜が中心のとてもヘルシーな一汁三菜メニューです。
美と健康を求める女性にも大変人気があります。

お部屋は4つのタイプがあります

ベッド付き和室<1日1室限定>

oheya_bed01.jpg

シモンズ製のセミダブルベッドを設置した寝室付の和室です。
お部屋は石巻の左官職人さんが土選びからこだわった本格的な土壁塗りで接着剤は使用しておりません。
寝室には調湿・消臭に優れた霧島の火山灰シラスを使用しています。

1階のお部屋ですので、同じ1階の浴室フロアにスムーズに行くことができます(途中三段のみ小さな階段があります)。
ご年配の方にも安心してご利用いただける、ワンランク上の湯治部屋です。
最新のウォシュレット付トイレも設置。

本館A(トイレ付き)

oheya_a.jpg

昔ながらの木造造りの本館にあるトイレ付きのタイプ

ほか、トイレなしタイプ、湯治館があります。

くつろぎの宿いかがですか

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

鳴子温泉郷 極上の貸切露天風呂 旅館大沼

じゃらんでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク