宮城県鳴子温泉郷 やすらぎの宿 久田(きゅうでん)旅館 2種類の源泉

秋の鳴子峡。

Y369168064.jpg

紅葉がすっごく綺麗です。
今からが楽しみな時期です。

豊富な自然の恵み、奇麗な湧水で仕込まれる料理と自家製栽培のお米「ひとめぼれ100%」。

一度入るとわかる温泉の質のよさ。
昔から東北の湯治場として有名で泉質の良さには定評のある鳴子温泉。

cb16285a-ab7c-41a7-9588-9c9840808b26.jpg

毎朝、社長自ら換水清掃を行っている為いつでも清潔!自慢の温泉に入って、のんびりお過ごし下さい。

過剰なサービスを行っておりませんので、ゆっくりとお寛ぎいただけます
気兼ねせず、自由気ままな時間を久田(きゅうでん)旅館でお寛ぎ下さい。

aPB080050.jpg

鳴子温泉郷には日本の温泉の泉質11種類のうち9種類が鳴子温泉に集まっています。

源泉の数もなんと370本以上!
なので隣あったお宿でもお湯の色や成分が異なります。

鳴子温泉郷の歴史は1000年を超え、温泉の発見は承和4(837)年。
鳥谷ヶ森(鳴子火山)が大爆発し熱湯が噴出したといわれ、一説にはそのときの轟音から村人が「鳴郷の湯」と名づけたとも伝えられています。

源義経が兄・頼朝に追われて平泉へ落ちのびる途中に鳴子を訪れたことや、松尾芭蕉が「おくのほそ道」で鳴子から尿前を通る出羽街道中山越えを選んだことも知られており、義経や芭蕉にちなんだ名所旧跡や古道なども数多く残されています。

昔から東北の湯治場として名の通った質のいいお湯をお楽しみください。

まずは内湯ですが
浴室に入ると、アブラ臭が感じられる。
内湯の浴槽は、8人サイズ。

cPB080020.jpg

湯口からは、勢いよくお湯が注がれている。

DSC_0768.jpg

泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩泉(純重曹泉)で、久田2号泉を使用している。
色は、紅茶色で、湯温は適温。
源泉温度が高いために加水されているが、温泉成分は十分感じ取ることができる。
純重曹泉のために、中性のお湯ながら、ツルスベ感がある。

DSC_0791.jpg

浴槽に設けられた切り欠けからは、溢れたお湯が浴室の床に流れ出している。
排水溝がすぐ近くのため、床に寝っ転がって温泉に浸るというのができませんが。。。

さて、露天風呂です。
こぢんまりとした湯船で、2~3人サイズ。

61d557af.jpg

泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、内湯と同じく加水のみの源泉掛け流しです。
いい感じの濁り具合ですね。

露天風呂と言っても周りは高い塀に囲まれているため眺望は望めません。

DSC_0772.jpg

でもこの塀がないと隣接して走る陸羽東線の列車から丸見えになりますから仕方ないですね。
露天風呂も内湯に負けず劣らずの量がオーバーフローしています。

露天風呂と内湯の距離感はこんな感じ。

DSC_0797.jpg

もうほんと数歩なのに違う源泉というのもとても面白いですよね。

オン船から上がったら、こちらでゆっくりどうぞ。
ロビーから1階客室、お風呂まではバリアフリーです。

Y369168126.jpg

料理は、たとえば
ほのぼのプラン専用お料理(なる子ちゃんこ鍋ver.)
※お料理の内容はその日によって変わります

Y369168122.jpg

宿の方も必要以上に構わないため、気兼ねなくゆっくりできる宿だと思います。

場所はこちらです
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

久田旅館

じゃらんからの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク

白いにごり湯と満天の星空が出迎える、料理自慢の宿 嶽温泉 山のホテル 青森県

開湯350年と伝えられる嶽温泉に位置する料理自慢の宿。

ダウンロード (4).jpg

創業は1674年。
白い湯花が舞う源泉100%掛け流しの温泉と古くからマタギ(狩人)が好んで食べた山の幸いっぱいの名物「マタギ飯」が大人気!

弘前市岩木山麓にある獄温泉、マタギ飯でも有名な山のホテルです。

 天然の青森ヒバを贅沢に使った大浴場。

5d6fdbc7.jpg

 天井の梁にのぼる湯気が心までも包み込み、軽やかな心地にしてくれます。
 窓の向こうには四季それぞれ木々の彩りを楽しめ、小じんまりとした中にやすらかな時間が流れます。

20140128101851e0c.jpg

 嶽温泉の泉質は硫黄の匂いが濃い泉質で、 神経痛、冷え症、慢性皮膚症、婦人病、糖尿病、リウマチ性疾患などに効果があるといわれております。
お風呂から出た後も体がポカポカです。

一度湯だまりに溜められた湯はうっすらと白濁しやや熱め。
酸味と硫黄臭があり肌触りはややピリリと感じるもの。
湯だまりの底に沈んだ湯花を撹拌すればより一層白濁へ変化します。

湯船の木材には天然の青森ヒバを使っているそうです。

ダウンロード (3).jpg

 嶽温泉は乳白色のにごり湯です♪

20140128101851e0c.jpg

マタギ亭とは

 名物「マタギ飯」をはじめ、新鮮な山菜料理・獣肉(熊・鹿・兎)などの料理や、鮎・岩魚の料理、手作り食前酒など、名峰岩木山の大自然の旬の味を堪能出来る、そんな食事処です。

マタギ飯に火をつけて、ホテル内の浴場で一風呂浴びてお席に戻ると、ちょうどマタギ飯が出来上がっているという絶妙のタイミングなので、常連のお客様にはこのようなスタイルでご利用いただいております。

ジビエ料理のご紹介

マタギ亭では珍しいジビエ料理のメニューもございます。

shikanabe.JPG
pyonpyonn.JPG

ジビエ:狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣

マタギ飯とは

b_matagi2.jpg

 延宝2年(今から300年ほど前)、野呂長五郎によって発見されたと言われる嶽温泉。
その昔、津軽の山にはマタギ(狩人)と言われる人たちが居ました。
その人達が好んで食べたひとつに山菜入りの混ぜご飯があります。
以前マタギであった先代の当館主が、これを素材に考案したのがマタギ飯です。

とり肉、舞茸、竹の子、ごぼう、人参、三つ葉、糸こんにゃく の七種類の具を入れ、 固形燃料を使い、目の前で炊き上げます。

当時としては日本で初めての釜飯です。

癒されの空間へぜひどうぞ

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

嶽温泉 山のホテル

じゃらんはこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク