八甲田山中にある開湯400年以上の歴史を誇る名湯 谷地温泉 青森県

【 谷地温泉 】

八甲田山中にある開湯400年の歴史を誇る温泉で、日本三秘湯の宿として知られています。

images (1).jpg

足下自噴(浴槽の底から直接自噴する)の湯は、腰痛やアトピーにも効果があります。
ポコポコと湧き出る柔らかなお湯に浸かれば、日頃の疲れも取れ、至福の時を過ごせます。
日本三秘湯の一つで、38度の霊泉と言われる下の湯と42度の白濁した上の湯の二つの湯をお楽しみ下さい。

谷地温泉は八甲田南山麓、高田大岳登山口にある通年営業の秘湯です。

看板には「日本三秘湯」とありますが、他の二つは、
ニセコ薬師温泉(北海道/廃業)と祖谷温泉(徳島県)だそうです。

■外観
八甲田連峰第2の高さを誇る高田大岳の登山口にある一軒宿。
高山植物が自生する谷地湿原の前に建つ湯治場風の建物です。

S086Da.jpeg

■客室
レトロな雰囲気のある本館・ベッドのある西館・瀬戸内寂聴先生が源氏物語を執筆した東館からなる38室のこじんまりした宿です。

axZAxS.jpeg

■温泉
昔ながらの趣のある湯殿と新しく改装した青森ヒバを使った湯殿の2つを楽しめます。
日本三秘湯の柔らかなお湯と四季折々の自然を心ゆくまでお楽しみ下さい。

【 下の湯 】

photo01.jpg

足下から湧き出る38℃の温めの温泉は霊泉と呼ばれ、無色透明の単純温泉(低張性弱酸性低温泉)です。
神経痛・関節炎・疲労回復などの効能があります。

【 上の湯 】

photo04.jpg

硫黄の湯花で白濁した42℃の温泉で熱湯と呼ばれ、泉質は単純硫黄温泉(硫化水素型低張性弱酸性温泉)。
神経痛・不眠症・アトピー性皮膚炎・慢性疾患などに効能があります。

【 下の湯(男湯) 】

vnOv5C.jpeg

新築した青森ヒバを使った下の湯は、木の香り漂う湯殿で、ポコポコと湧き出る足下自噴泉をお楽しみ頂けます。(午後5時半から午後8時半までは女性宿泊客専用となります。)

ぬるい浴槽で体を慣らしてから(30分~1時間)、
最後に熱いお湯に浸かって(5分~10分)出るというのが
正しい入浴方法だそうです。

■料理
谷地温泉の名物料理といえばなんと言っても岩魚料理。

photo03.jpg

南八甲田の高田大岳山麓涌き出る 綺麗な湧き水で育った新鮮な岩魚は焼いてもお刺身にしても絶品です。
岩魚の骨酒や、地元産の採れたての山菜やキノコを使った

photo02.jpg

季節ごとの田舎料理もお楽しみ頂けます。

地元青森の蔵元から直送の銘酒を取り揃えております。
蔵出しの地酒を自慢の郷土料理とご一緒にお楽しみ下さい。

photo05 (1).jpg

【素材へのこだわり】
岩魚や山菜をはじめ、採れたての新鮮な地元の食材を使った
安心、安全なお料理は、ご宿泊のお客様以外でもお楽しみいただけます。
日帰り入浴や、登山の際にも是非ご利用下さい。

map01.jpg

■テン
冬になるとテンの親子が現れます。
食堂の窓から見えるので、多くの人が、冬の時期にテンの撮影のために訪れます

IADYr3.jpeg

山奥の秘湯で、ぜひ癒されてみてはいかがでしょうか

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

日本三秘湯 谷地温泉

じゃらんでの予約はこちらからどうぞ
下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

商品リンク

投稿者: さくたろう

ようこそ さくたろうです 温泉がとにかく好き! 温泉に行って癒された~~い いろんな温泉に浸かってみた~~い そんな皆さんのページです。 温泉好きが高じて、このサイトを立ち上げました。 拠点は東北ですが、全国のいろんな温泉に入りたいと思っています。 ぜひここは!という温泉をご存知の方、 コメントに残していただけるとありがたいです。 ブログランキングにも登録していますので、 ご協力お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です