いい湯だな!鳴子温泉 滝の湯

宮城県 大崎市にある鳴子温泉です。

いい湯だな!滝の湯。
ここは本当にいいお湯です!!
温泉街にある銭湯なんですが。。。。

images.jpg

この温泉の情報はじゃらんからもどうぞ

鳴子温泉神社の御神湯として千年の歴史をもつ古湯。
皮膚病・高血圧等に効果があります。

IMG_02.jpg

なんたってお湯がいいですよ、鳴子は町内に車で入っただけで、周りに硫黄の香りがたちこめる
そんな町でした。
その香り、決して裏切りません。

☆入湯料/大人 150 円、子供 100 円という値段も魅力的です。

imgp1377.jpg

だからと言って汚いわけでは決してありません。
古くからある名湯のたたずまいです。

建物の外に張り巡らされている、お湯を運ぶための水道も見事です。

004866_000178_1391184235.jpg

鳴子温泉の公式サイトも参考になります
(滝の湯だけじゃなく、ほかの温泉も載っています)
http://www.naruko-onsen.jp/kiwameru/ashiyu.html

過去にこんな記事も書いています
近くの道の駅情報です
http://www.meitouhitou.site/article/441819873.html

近くに観光地として潟沼(かたぬま)という大きな沼があります。
酸性日本一で、生き物が住める状態ではないんですが、
見た目が温泉のような色のため、思わず入りそうになってしまします。
手をつけてみると、冷たさにハッとします。
こちらも併せてみてみてください。

温泉情報はじゃらんからどうぞ

大正ロマンの風情溢れる温泉郷 銀山温泉(山形県)

山形県は尾花沢市  銀山温泉です

a-map2.gif

大正ロマンの風情溢れる温泉郷として、人気があるのが銀山温泉です。
ここは、日が暮れると温泉街にガス灯が灯るので、ノスタルジックでロマンチックな雰囲気を楽しむことができますよ。

56fba6b5956e3.jpg

さあ、銀山温泉へ行こう!
そんなあなたは下記からどうぞ
じゃらんで行けば、ポイントもたまる
お得なクーポンもゲット

なんだか見たことある風景じゃありません?

uploaded.jpg

ダウンロード (2).jpg

千と千尋の世界ですね

銀山温泉は、山形県尾花沢市にある温泉。
NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることにななりました。
といっても、すでに「おしん」というのが何だかわからない方が多いと思います。。。

銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並んでいます。
多くの旅館は、建築された当時としては非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築で、外装には鏝絵が施されています。
川には橋が多くかかり、また歩道にはガス灯が並んでいるのがまたいいんです。
銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景であり、この光景を守るため、町並みを保存する条例が定められているというのも驚きです。

当地の旅館「藤屋」<民事再生>で女将をつとめた藤ジニー(Jeanie Fuji, 1966年3月26日生まれの米国人、旧名ジニー・ピュー、Pugh)は、公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに出演するなど、メディアに出る機会も多かった方です(現在は離婚してアメリカ・オレゴン州へ帰国)。

温泉街には古くからの「大湯」近年できた「しろがね湯」2軒の共同浴場が存在しています。
温泉街の遊歩道には足湯もあります。

開湯は寛永年間に、かつてこの地にあった延沢銀山の工夫が銀山川の中に湧いている温泉を発見したこと。
1689年に銀山が閉山した後は湯治場として賑わったが、1913年の大洪水により温泉街は壊滅。
その後、地元財界の力で復興し、その時に現在の温泉街の光景が作られた。

1968年11月19日、国民保養温泉地に指定されています。 

銀山温泉のお宿を紹介しますと・・・・

古き良き日本の趣きを体感していただける総平屋建てのお宿
天童荘

10418126.jpg

多くの自然に囲まれ、山々がおりなす四季の彩りと野鳥のさえずりを聞きながら露天風呂
銀山荘

roten02.jpg

山形県銀山温泉 能登屋旅館

photo2.jpg

銀山温泉といえば、その古い建物の街並みが素晴らしいことで有名ですが、そんな歴史ある銀山温泉に建築家の隈研吾さんがデザインして、2001年7月にリニューアルした共同浴場が「しろがね湯」です。

T30588_TRx980x400_54eaa0bd2acde.png

寒くなると、温泉が恋しくなります。
じゃらんで予約して温泉へ行ってみてはいかが?
じゃらんからの予約でポイントをゲット

美人の湯に入って、国内初の黒ずくし御膳を食べて、心身ともに若返ろう!東北温泉 日本一黒い モール温泉

青森県上北郡東北町にある温泉です。

植物性モール温泉のモールとは、ドイツ語で「亜炭」のことをいいます。 その亜炭層を通過して湧出する温泉を「モール温泉」と呼びます。

モール温泉は、かつては世界でもドイツ南西部・バーデンバーデン地方と北海道・十勝川温泉の2ヶ所しかない! といわれていましたが、掘削技術の進歩と共に日本国内でも数少ないものの、湧出が見受けられるようになりました。

tizu.bmp

黒い温泉入ってみたくないですか?
予約はこちらからどうぞ
ポイント・クーポンなどお得な情報満載です。

青森県三沢空港より車で35分ほど。青森に湧く名湯の中でも稀有な存在なのが「東北温泉」。
かつては国内では十勝川温泉のみと言われたモール泉に黒いお湯、しかも加温・加水なしの完全かけ流しです。
近年リニュアルオープンした為、施設も新しく清潔で若い女性でも気軽に利用できるのも魅力。
浸かって頂くと、モール泉特有の香り、肌感、そしてその艶やかな黒色に感動すること間違いなしです。

黒と白で統一されたモダンな外観の「東北温泉」。

9413E7C6B5C24846A421E6AF903305A2_L.jpg

こちらの特徴は何と言ってもその色とモール泉であること。

かつては国内では北海道の十勝川温泉、世界でもドイツ南西部でしか湧出が見られなかったと言われる「モール泉」ですが、近年の掘削技術の向上で他の地方でも見ることができるようになりました。
とは言うものの、まだまだ稀な存在であり、希少価値はかなり高い温泉です。

「モール泉」とは植物などの堆積物が長い年月をかけ地中に堆積、層となったものを通過して湧出するものとされています。

温泉法の「泉質」とは異なる概念なので、成分表などの効能に「モール泉」特有の効能を記すことはありませんが、有機質を含むお湯はツルツルした感触を感じることができ、美肌の湯というのに相応しい温泉です。

おお、本当に黒い湯だ!

08173940BDF84509A0DE99D51D891834_L.jpg

では実際に温泉に入ってみましょう。

浴室を開けると目に飛び込んでくるのはやはりその色。
岩手大学が調査対象とした温泉で(東日本中心)一番黒いモール泉と認定しており、確かに黒いです。
濁りではなく、澄んだ黒色ですが、東日本大震災以前はさらに濃い黒だったとか。

pic_2.jpg

男女別の大浴場はいくつかの湯船や露天風呂もあるので、湯巡りをたのしむのもよしです。

家族風呂(別途料金が必要)もあり、信楽焼きの風呂釜を使った珍しいもので脱衣場も非常にゆったりしているので、子供やご高齢の方がご一緒の場合に特におすすめです。

加温・加水なしのかけ流しに感動♪

2D4FB46A3EF943F2A5F525683ECB0A43_L (1).jpg

このお湯は黒いだけでなく、モール泉を加温・加水せずそのまま贅沢にかけ流ししています。

弱アルカリ性のお湯はすべすべ感があり、モール泉の成分とともに美肌効果を体感するにはぴったりです。

体も温まるので疲労回復などにもおすすめです。

東北温泉名物発見!

4B6645E7F7A146479113DEF9A850F1CD_L (1).jpg

黒い温泉にちなみ、ここでしか味わえない「黒づくし御膳」も食堂にて提供しています。

食材は全て青森県産を使用し、献立の内容は黒豚のカツ、黒ガレイの煮付け、竹炭入り茶碗蒸しなどボリュームもたっぷり。

中でも「黒こんにゃくおでん」は珍しく美味しい一品。
ダシと醤油がしっかり染み込んで美味しいのでおすすめです。

宿泊施設も完備

AF506D8C102D425A9600F9D9EF4C71C9_L (1).jpg

この温泉を心ゆくまで堪能したい方におすすめなのはなんと言っても宿泊して、何度も温泉に入ること。

2008年にリニュアルオープンした際にできた施設なので、新しく清潔でゆったり過ごすのにピッタリです。

最後に・・・

青森県は温泉地数全国4位の「温泉県」です。小規模の温泉も多いですが、名湯・秘湯が多く、温泉巡りにはもっていこいです。

今回ご紹介した東北温泉の黒湯の他、新屋温泉のグリーン、不老ふ死温泉の金色等とオリンピックをなぞらえて五色の湯巡りのスタンプラリーを開催することも。(2015年8月現在開催中)
スタンプラリーに参加せずとも、県内でこのようなバラエティ豊かな温泉が沸き、湯巡り可能な場所も少ないです。

「東北温泉」はここだけで十分訪れる価値ある温泉ですが、青森県は湯巡りが非常に楽しい地域ですのであわせて訪れてはどうでしょうか。

当東北温泉は、日本のモール温泉の中でも「最も色が黒い温泉」という評価を岩手大学大学院工学研究所工学博士の成田栄一教授から分析評価をいただきました。
泉質
弱アルカリ性単純温泉、日本一黒い湯植物性(フミン)モール温泉です。
源泉100%掛け流し、泉温47.5度、湧出量毎分400リットル。

効能
神経痛・五十肩・疲労回復・体力回復・冷え性・ストレス解消・やけど・切り傷・慢性皮膚病・アトピー・慢性婦人病・肝臓病・高血圧症・肥満・糖尿病 等

当温泉はアルカリ性の泉質で肌の汚れや古い角質を落とす効果があり、天然保湿成分の「メタケイ酸」を特に多く含んでいて、乾燥した肌に潤いを与える美肌効果のある「美人泉質」といわれています。
自然界の中に出来ている露天風呂は、癒し効果がある森林浴が楽しめ、湯と外気が温冷交互浴の役割をし、疲労回復、体力回復、冷え性、ストレス解消、皮膚病に特に効果があるといわれています。
家族風呂のラジウム入信楽焼の浴槽は、ラジウム鉱石からマイナスイオンがたくさん発生しているため、森林浴と同じ癒し効果が期待でき、露天風呂と同様の効果が楽しめます。

この宿に泊まってみたい!!
そんなあなたは、こちらから予約をどうぞ
ポイントや・クーポンなどかなりお得になります。

露天風呂付離れ客室は値段もすごい!【茶寮宗園】

宮城県仙台市秋保にある温泉です。

images (1).jpg
images (2).jpg

茶寮宗園は秋保温泉の最高級旅館です。
なぜかと言えば秋保温泉で一番料金が高いのは事実だからです。

それだけの事はあると感じるのは門構えと立派な数寄屋造りの建物と温泉と庭園です。

ダウンロード.jpg

期待も大きく大変です。仙台の奥座敷で、和の心に触れるよろこび。
日本三名湯のひとつ、秋保温泉に佇む「茶寮宗園」は、約8000坪の敷地全体が日本庭園として整えられた、純和風・数寄屋造の旅館です。 
月日とともに味わいを増す庭園は、伊勢神宮の茶庭や、成田山新勝寺を手掛けた岩城造園によるもの。
また建物は、旅館建築の第一人者・石井建築事務所の作。
日本建築の老舗が手を組んで生まれた「庭屋一如」の宿は、まるでひとつの芸術作品のようです。

images.jpg

「和の粋」が随所に息づく空間の中、みちのくの美味を取り揃えた懐石料理と、秋保の名湯、きめ細やかなおもてなしで、迎えられる高級宿です。

離れ「泰山」
庭園内に点在する離れは、それぞれに風情のある、二間続きの全10室。
各客室に備えられた露天風呂には、常にかけ流しの温泉が溢れています。

room_1.jpg
room_2.jpg

本館和室「紫水」
広々とした日本庭園を望む本館には、全16室の部屋があります。
1階、2階ともに見晴らしのよい、開放的な雰囲気が魅力です。

room_3.jpg
room_4.jpg

温泉
檜造りの天井も清々しい、青森の青石を敷き詰めた大浴場と、岩作りの露天風呂。
どちらも日本庭園を眺めながらお湯を楽しめます。

miyagi-akiu-onsen-saryou-souen-rotenburo.jpg
onsen_1.jpg
onsen_2.jpg

王道の料理の良さを納得させる料理

miyagi-akiu-onsen-saryou-souen-ryouri.jpg

料理に関しても期待が高まります。
料金の程でもなかったというコメントが出てもおかしくないですが、安易な創作料理ではなく王道の日本料理とはこういうものだとアピールしているというコメントには納得します。

茶寮宗園のすべてを堪能すべし。

miyagi-akiu-onsen-saryou-souen.jpg

カップルとして旅館の中もしくは周辺で何を楽しむべきかを考えた時にも、この料金の高さに注目してしまいます。
どこにも行かず何もせず部屋、庭園、建物、温泉をチェックアウトぎりぎりまで堪能すべきだと思います。

温泉宿名 : 秋保温泉 茶寮宗園
住所 : 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字釜土東1
アクセス : 仙台南ICから車で約15分
営業時間 : 宿泊形態による
公式URL : http://www.saryou-souen.com/
電話番号 : 022-398-2311
定休日 : 不定休
宿泊料金 : 大人1人25000円-(2015/9/16楽天トラベル調べ)

この宿はオンライン予約ができます
ポイントやクーポンでお得にどうぞ

じゃらんからはこちら

商品リンク

楽天トラベルはこちら

秋保温泉 茶寮宗園