ウッディランド さんない

秋田県は横手市山内(さんない)にある道の駅です。

道の駅情報はじゃらんでも確認できます

さんないは秋田県の東の玄関口として、日本海と太平洋を結ぶ「平和街道」の中継地点として、古くから県を越えた交流が盛んでした。
全体が山々でおおわれ、自然に溶け込んだ温泉、春は山菜・秋はきのこと山芋など
山の恵みたっぷりです。

自然を舞台に癒しの空間をお楽しみいただけます。

3bc3e99495b1118feaae1c8eec6c44481.gif
yamauti03.jpg

秋田へ遊びに行こうと思い、いつもと違う道を通っていこうと思い国道107号線を進み始めました。
途中に、何とも魅力的な道の駅を発見!

st000009-442221b2e57a4.jpg

早速寄ってみることに。。。

たまたまその日は秋のイベントday
さといもをバケツに詰めれるだけ詰めて、重さを競う競技がありました。

時間にはちょっと早かったので、そばを食べて待つことに

b0031538_23453712.jpg

青空の下で食べるのもあり、とてもおいしい!

時間になったので競技へ、制限時間付きで二人で協力し形を合わせながら、
バケツへ里芋を詰め込んでいきます。

隙間を極力埋めようとするが、なかなかいい形が見つからず、
それでも何とか、山盛りにして競技終了!

結果はなんと。。。

1位!!

商品として、詰めた里芋全部と、その土地のぶどうジュース2本セット!!

楽しめた上に、こんな商品までもらえてラッキー

その後は、道路向かいのウッディランドへ、
タダでもらえる廃材をコースター用として物色し、

車のトランク部分に棚代わりに積むすのこを購入し、道の駅を後にしました。

とても面白い・癒される道の駅でした。

ぜひこちらから確認してみてください!!

乳頭温泉 鶴の湯

秋田県仙北市田沢湖にある温泉です。

駒ケ岳の麓、標高800m.の高地に位置する乳頭温泉郷の中で最も有名で最も古くからある温泉はここ鶴の湯温泉。
黒い壁に茅葺屋根でできた一つの集落のような佇まい。どこか異次元にでも迷い込んだかのような気にさせられます。
個人的には勇○ヨ○○コのロケで使われたのかな?と思いました。
真相はわかりませんが、、、

こちらの温泉、発見は昔マタギの勘助が山の中でキズを温泉で癒していた事で発見された。
開湯は350年前と言われているそうです。
東の横綱と名高い事もあり、温泉にそこそこ詳しいと自負する自分にとって、一度は入りたい名湯として知られていました。
日帰り温泉しか味わったことがないですが、部屋の中には囲炉裏があり、火が焼べられ、灯油ランプがぶら下がっているそうです。
本陣の建物は江戸時代に湯治場として使用していたものをそのまま残して現在は旅館部として使用しているそうです。
古い歴史ある建物ではあるが、古いままではない。
人気の秘密は新しいものを取り入れているという事も大きいのでしょうね。「綺麗な洗面所、ウォシュレット付のトイレ、暖房」こういった新しいものを取り入れつつ、風情を味わえるという旅館というのがまた素晴らしい。
日帰り入浴時間は外の露天風呂は満杯になります。
マナーの悪い入浴客も後を絶たず、入浴中に観光客がカメラをバチバチ撮るということもしょっちゅうです。このたたずまいを見るとそれもしょうがないとは思いますが、なかなか、、、
温泉は足元からぷくぷくと上がる足元湧出の極上湯。
湯の沢にかけられた橋を渡ると湯小屋があり、まるで誰かが住んでいて今にもガラガラとあけたら囲炉裏を囲んだ家族でも見えそうな感じだった。
湯小屋内には「白湯」と「黒湯」の男女別内湯があり、白湯と黒湯のいずれも全て木造の風情満点な作りになっています。
露天風呂へ行く人が多いのか来る人は少なく穴場的な浴場でした。
鶴の湯の温泉へはアメニティは一切置いていない。シャンプーやリンス、石鹸もない。そんなものを求めるところではないという事なんでしょうね。
メインの露天風呂を挟んで反対側には中ノ湯という浴室もあります。
全て源泉が違うという事だったが違いを感じるのは難しい。あえて言えばこの中ノ湯 内湯の湯が一番濃いように感じがします。
中ノ湯の内湯は男女ほぼ同じだが、女性用には足元湧出の露天風呂がついている。
またまた極上のお湯に巡り合えました。

楽天トラベルでの予約はこちら
↓  ↓  ↓


気軽な温泉宿坊★仙台から毎日0円バス運行!一宿一飯湯坊 旬樹庵 さんさ亭げんぶ館 遠刈田温泉 宮城県

main.jpg

お気軽な温泉旅行やお一人の自由旅などに最適♪
素泊、1泊朝食、1泊2食をお選びください。

雄大な蔵王の大自然に抱かれた標高330mの高原、遠刈田温泉郷。 
杜の都から車で60分、大自然に抱かれた「さんさ亭」へようこそ!

宮城蔵王連峰の圧倒的な存在感、必見の蔵王連峰とともに宮城の食材、
海から40kmの利点を活かした新鮮な海の幸。
おかげさまで山、里、川の獲れたてを召し上がって頂けます。

中でも
焼きしゃぶプランがおすすめです。

images (1).jpg
sub3.jpg

鉄板で焼いてダシをかける、ブランド豚の焼きしゃぶ

そのほか
【チャレンジャー求む!】どーんとドカ盛!「1キロステーキ膳」を食うぞ・・・食べれる?

20ff7a196acc4c5e7268dacb9904b36c4fdd2df2.47.1.26.2.jpg

※このプランは1泊限定で予約可能です。
牛ステーキ1kg《鉄板会席》さあ!肉党の方!チャレンジしてみませんか!
どどーーーんと牛肉1kgのステーキにかぶりつこう!!
食べ切れた方も数名という牛肉1kgステーキでお肉が嫌いになるくらい食べて見て下さい。
終わった後は当分ステーキはいらないと思う事を覚悟して下さい。
※野菜も用意ありますので、健康のため野菜もちゃんととりましょう(笑)

ほかにも
【1日5室限定】「自慢の温泉」と「元気が出るブレックファースト」DE気軽に温泉宿を楽しむ♪
<1泊朝食のみのプランです>「自慢の朝食」とげんぶ館の元気なブレックファスト「洋朝食」で気軽に温泉を満喫♪

86d8b314b5ae36b69e54b99b1674b17378b76d82.47.1.26.2.jpg

そして朝は通常旅館とは違う朝ごはんで新しいスタイルを楽しむことができるプランです。

img_breakfast06.jpg

部屋の前を流れる松川は、見る人の心を癒してくれます。

【温泉】
やわらかな湯につつまれて『遠刈田(とおがった)』は『湯刈田』。
解放感溢れる露天風呂付大浴場で温泉三昧♪やさしい時間が流れています。
澄み渡る空の下、蔵王が見える手足を伸ばして、生まれたての季節の香りを深呼吸。
やわらかな湯の温もりと小鳥の声に包まれるひととき…人生の豊かさって、急がない時間なのかもしれません。※HPから引用

とHPにも書いている通り、やわらかなお湯につかりながら
目の前を流れる松川に癒される。
そんな贅沢をどうぞ。

川のせせらぎを聞きながら浸かる蔵王連峰を望む絶景の露天風呂

Y381461003.jpg

広々とした湯殿で温泉を楽しめる大浴場

sub2.jpg
Y381461006.jpg

柔らかな湯に包まれる美肌の湯

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルはこちらから
↓  ↓  ↓


じゃらんはこちらから
下の画像をクリック

商品リンク