源泉かけ流し温泉。温度が異なる3種類の風呂と露天風呂が用意されております。青森県弘前市 柏木温泉

かけ流しの温泉を皆様にお楽しみいただけます。
朝食時にはひらかわ市りんご農家特製ジュースもご用意いたしております。

71cf145859e5b78f13373c83e10fb128a0426e4d.47.1.26.2.jpg

温泉はかけ流し!個室のお風呂もあります。
皆様ををお待ちしております!

平成16年12月にリニュアルオープンしました。
源泉かけ流しの当温泉は温度が異なる3種類の風呂と露天風呂が用意されております。

場所は弘南鉄道平賀駅から県道205号線を進んで最初の信号を右折し、しばらく進んでからガソリンスタンドのある五叉路を右折し、そのまま道なりにしばらく進むと左手にあります。

秋であれば、田んぼアートを見に行く拠点にするとちょうどいい場所ですね。

こちらは旅館ですが、客の大多数は日帰り客なので地元の公衆浴場として利用されています。
お湯は無色透明、微塩気、ほぼ無臭、微ツルツル感あり。

石組みの湯口からチョロチョロと流れています。

Yt5K9V.jpeg

中央には可愛い菩薩像が置かれています。

浴槽はそれぞれ6人サイズ。
熱めでジャグジー付き。

普通くらいの湯温。

oEeUCa.jpeg

水風呂。

7661cc896115445fc2eb36b553505ae3.jpg

露天風呂という構成です。

2300fcdf15f00407594404ddbdbfe373.jpg

露天といっても壁と屋根の隙間から空が少しばかり覗ける程度の半露天の岩風呂。
そして露天が日替わりハーブ風呂になっています。

全体的に良い湯でした。
夏場にはぬるま湯の水風呂が重宝します。

泉質・ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温・48.8度(高気温時のみ加水あり)
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など
料金・350円

料理はこのような感じです

nUTyRI.jpeg
RIkKpd.jpeg

そしてお部屋です

84b559ca755ad43fc9147ecf44a26f7be820fb47.47.1.26.2.jpg

そうとうリーズナブルでいいと思います。

住所・平川市柏木町字柳田227-1
電話・0172-44-7600
営業時間・6:00~22:00
定休日・無休

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓


八幡平市わくわく情報ランド 道の駅 にしね

岩手県八幡平市大更にある道の駅です。

国道282号道の駅で、愛称は岩手山・熔岩流の里。八幡平市で6位の観光名所です。
ここの道の駅は良いですよ

1460788168372.jpg

西根町は、十和田八幡平国立公園の南玄関口に位置しています。自然に恵まれた西根は、米、畜産、野菜の複合経営の町で、中でも天皇賞を受賞したほうれんそうは全国でもトップクラスの品質と生産を誇っています。
このほうれん草を使用した、ほうれん草ソフトクリームは、非常にあっさりしていいです。同じところにレストランがあるんですが、ほうれん草カレーもインパクトがあります。

horensocurry.jpg

産直品をベースにしたオリジナルメニューが提供されています。
2006年平成18年)1月には「岩手地産地消レストラン」の認定も受けてます。
産直祭りも5月・8月・10月に行われます。
一押しはほうれん草ですが、それ以外にもたくさんの野菜が売っています。ここで初めて見た野菜も、ずいぶんあります。
スーパーではおよそ目にかかれないサイズのにんにくの芽も食べごたえ十分です。
盛岡から向かうと、八幡平や松川の温泉に向かう途中にあるため、非常ににぎわっています。
晴れた日に駐車場から見える岩手山(いわてさん)も迫力十分です。

1460788179947.jpg

ぜひ立ち寄ってみてください。
道の駅 にしね 公式サイトはこちらですhttp://www.hachimantai-ss.co.jp/~nishine/

ああ いい湯だな!共同浴場 岩風呂 木賊温泉(とくさおんせん)

福島県南会津郡南会津町にある極上風呂です

images.jpg

images (1).jpg

木賊温泉(とくさおんせん)で最も有名な岩風呂は地元の方や温泉好きのファンが多く、何度も水没している温泉だがその度に寄付によって建て直されている。

いつまでもこのままでいてほしい温泉だと思う。

木賊温泉(とくさおんせん)の景色は昔のまま変わっておらずなんとなく安心。

岩風呂へ下りる階段横にある駐車場へ車を停めいざ岩風呂へ!

BLGA5339664dc8f70_Wx300_5339664dda4ca@2x.jpg

細く川へ向かって伸びる道と温泉街は昔懐かしいような郷愁を感じる

BLGA52f9b973bbcfa_Wx149_52f9b973c1ea1@2x.jpg

岩風呂へ続く階段

湯小屋の中はほぼ何も変わらずレトロで独特の空気が今も守られている。
以前来た時は夜だったせいもありわからなかったけど、ずいぶんロケーションが良かったんだなと思った。

BLGA52f9b986351a1_Wx200_52f9b9863da5a@2x.jpg

ずら~っと並ぶ寄付をした人たちの名前と寸志の箱。

川の音しか聞こえずとっても静か

一つ変わった事と言えば、水没して建て直す時に加えたであろう女性用脱衣所

以前は脱衣所はなく温泉横の脱衣場所のみでとても入りにくかった。

入口には女性へ湯着の貸出をしますよという張り紙が貼ってある。

こういった女性にやさしい対応で人気がさらにあがるんだな~。

すばらしい!

ただ、何処で借りれるのかがわかりにくかったのでその点だけ書いてほしいかも。

勢いよくあふれ出る足元湧出の極上湯 フワッと硫黄が香る温泉

BLGA52f9ba05ca2df_Wx300_52f9ba06432b5@2x.jpg

お湯は地下水のような青みがかった色でとても美しい。まず、足元から湧いている奥の湯船へ入ってみる。

温度は43度ぐらい、少し熱めで爽快だ。

BLGA52f9ba2313a71_Wx200_52f9ba231c712@2x.jpg

新鮮なお湯が足元からコンコンと湧いており、湯船からのあふれ出しを見ると毎分30L位は湧いていると思われるほどの量があふれだしている。
新鮮さの象徴のように時おり湯船の底から泡があがってくる。
少し飲んでみるとフワッと硫黄の味と香りがする。

なんたる贅沢!

しばらく時間を忘れて夢中で入ってしまった。

ものすごい量のあふれ出し

BLGA52f9ba41dfd98_Wx149_52f9ba41e6710@2x.jpg

時間を忘れてしまうほど気持ちいい湯

BLGA52f9ba63b4026_Wx200_52f9ba63bccc8@2x.jpg

住所 福島県南会津郡南会津町宮里字湯坂 
アクセス 東北道那須塩原ICよりR400経由、尾瀬方面へ1時間30分
宿泊料金 宿泊不可
お風呂の種類と数 内湯:混浴1 
日帰り入浴時間 9:00~20:30 1人200円 冬季閉鎖 通年営業 

湯づかい 源泉掛け流し 
泉質 単純硫黄泉 PH 9.4 湧出量 30L/分以上(足元自然湧出) 
源泉温度 45度
木賊温泉(とくさおんせん)

この温泉情報はじゃらんからもどうぞ