百年ゆ宿 旅館大沼(宮城県)

百年ゆ宿 旅館大沼は宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯にあります。

higasinaruko.bmp

源泉掛け流しの温泉の良さを少しも失わず、
人と環境に優しい取り組みを
お風呂から提案しています

この宿はオンライン予約ができます

旅館大沼のお風呂はすべて源泉掛け流しです。
湯船に満たされた 源泉の成分、香り、力を少しも損なわないように、浴場のシャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔石鹸はミヨシ石鹸社製の良質な 無添加石鹸類を使用しています。

温泉に優しいということは、人にも自然にも優しいということ。
「安心して、温泉浴できる」こんなシンプルなことが意外と叶わなかった温泉旅館業界です。
旅館大沼の伝統の名湯を安心してご堪能ください。 

名湯の鳴子温泉郷
鳴子温泉郷は1200年の湯歴を持つ日本屈指の古湯で、奥州三名湯のひとつに数えられます。
現在でも鳴子温泉郷内には400本近くの源泉が湧き、日本にある泉質11種類のうち9種類もの多彩な泉質が湧出するバラエティに富む温泉地です。

旅館大沼がある東鳴子温泉は十数軒全ての宿が違う重曹泉を持つ、日本でも希有な重曹泉地帯です。
そうした地域の特長を活かし、東鳴子温泉は2007年4月1日に「重曹泉の郷宣言」をしました。

旅館大沼は「美肌の湯」
旅館大沼には2本の重曹泉があります。
1本は純重曹泉で旅館大沼創業以来の自家源泉。
大震災で電源がない中でも自然に湧き続けた湯です。
もう1本は東鳴子温泉の数軒で使っている含食塩・芒硝重曹泉の共同源泉です。

重曹泉という泉質は美肌の湯の代表格です。
肌表面の老廃物や汚れを除き、肌がふっくらすべすべになることから、女性の方にとても喜ばれております。
また、単に美肌づくりだけでなく、真剣に肌のトラブルに悩む方も通って来られます。

温泉の力
当館の自家源泉はうすい紅茶色をしており、とろりとした肌ざわりで独特の木の香りがします。
共同源泉は透明な温泉で塩分を含んでおり、そのコーティング効果で保温にすぐれています。
いずれも入浴するだけで体が楽になる力に満ちた温泉です。

どちらも体の芯から温まる温泉で、湯上がり後はいつもまでも体がぽかぽかしています。
体が温まることにより、血流が良くなり、体内の細胞が活性化され、新陳代謝が活発になることで体内にたまっていた老廃物などを排出しやすくなります。

たまったものを出せば、自然に入ってくる。
バランスを変えると、バランスをもどそうとする。

放電と充電は私どもが長年温泉宿を営んで来て実感している温泉浴の反応プロセスです。
温泉を上手に活用すれば、しストレスを解消し、自己免疫力や自然治癒力を高まめ、自分で自分の心身を良くしてゆくことができます。

自然の力で体を癒す「湯治」
まだ医療が発達していなかった時代、温泉は病を治してくれる神の水として崇められてきました。
近年では、過酷な農作業や漁業における疲れをとり、明日への新たな活力を作ってくれる「湯治」という温泉保養スタイルがあり、1年の労働サイクルの農漁閑期に組み込まれ、予防医学的にも大きな貢献をしてきました。

「湯治」は病気を治すというよりは、辛い日々から解放されてのんびりするかけがえのない「ハレ」の日でもありました。
まさに、日本人のバカンスの原点と言っても良いでしょう。

忙しい現代社会において、多くの人がなんらかの半健康体となっています。
日本人が経験的に行ってきた「湯治」という自然の力を活かした保養術をそれぞれの人生の中に活かし、自分本来の心身にもどしてゆくことは大いに意義のあることと思います。

私どもは、この温泉という地球が生んだ奇跡の水を与えられたことに感謝し、皆様の健康や幸せのお役に立てるよう日々精進してまいります。

庭園貸切露天風呂「母里の湯(もりのゆ)」
宿の裏山には、湯の三昧にいたる小さな貸切の露天風呂があります。
命の洗濯「快浴洗心」の境地をお楽しみ下さい。
※石鹸は置いてございません。ご了承くださいませ。

morinoyu.jpg

宿泊の場合 お一人様 1回 30分 1,000円(税別)、小学生以下のお子様は無料
日帰り入浴 平日限定・1日3組まで、要予約 ≫日帰り入浴の詳細はこちら

混浴大浴場「薬師千人風呂」【含食塩・芒硝重曹泉混合泉】
昔ながらの混浴大浴場(女性専用の時間帯もあります)。掘削自噴の湯がどんな時も自然に流れ込む伝統の風呂。高橋典子さんが描く天子の壁画が心も癒します。中央に大きな座石があり半身浴にも最適です。

yakusi.jpg

女性専用「天女風呂」【純重曹泉】
当館の自家源泉のみが注がれた女性専用のお風呂。天然の重曹成分が80%以上もある日本でも珍しい源泉です。
天然の保湿成分である「メタけい酸」もたっぷり含まれたまさに美肌づくり王道の湯です。

tennyo.jpg

内庭足湯露天風呂「石割の湯」【含食塩・芒硝重曹泉混合泉】
大正時代からそのままの石組みの内庭露天風呂。掘削自噴の源泉が常に流れ込んでいます。その風情とともに自家源泉の純重曹泉と含食塩・芒硝重曹泉の源泉ブレンドをお楽しみください。

isiwari.jpg

※足湯専用のお風呂です

「陰の湯」【純重曹泉】
貸切可能

yakuseki.jpg

古来より薬効が高いとされる薬石を数種類、一つずつ浴槽に埋め込みました。石から出る薬効成分と遠赤外線が純重曹泉との相乗効果を生み出します。体に痛みのある方は是非お試し下さい。

「陽の湯」【純重曹泉】
貸切可能

bicchou.jpg

浴槽を壁に高温で焼いた備長焼竹炭をたっぷり練り込みました。純重曹泉が炭の力でさらになめらかにとろとろになりました。特にお肌のトラブルが気になる方におすすめです。

「灯りの湯」【純重曹泉】
貸切可能

女性専用の天女風呂と同じく、自家源泉の純重曹泉100%の小さなお風呂です。お一人で入りたい方。一緒に介添えをして入る方。それぞれの使い方でご入浴ください。

bicchou.jpg

芳香浴「ふかし風呂」
貸切可能

床下に温泉が流れ込む小さな部屋のお風呂。床から伝わる温泉熱と源泉が流れ込む音で深いリラックスを得られます。温泉浴ではないので着衣のままご利用になれ、疲労も少なくてすみます。

人にも自然にも優しい「無添加」

源泉掛け流しの温泉の良さを少しも失わず、
人と環境に優しい取り組みを
お風呂から提案しています
旅館大沼のお風呂はすべて源泉掛け流しです。
湯船に満たされた 源泉の成分、香り、力を少しも損なわないように、浴場のシャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔石鹸はミヨシ石鹸社製の良質な 無添加石鹸類を使用しています。

温泉に優しいということは、人にも自然にも優しいということ。
「安心して、温泉浴できる」こんなシンプルなことが意外と叶わなかった温泉旅館業界です。
旅館大沼の伝統の名湯を安心してご堪能ください。

この宿はインターネット予約ができます
オンライン予約でお得にどうぞ

楽天トラベルからの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓


この宿はオンライン予約が可能です
じゃらんからの予約でポイントや、クーポンなどお得にどうぞ

北斗七星の見える露天風呂にゆっくりゆったり入ろう。かむろ荘 鬼首温泉 宮城県

鬼首温泉は全国的にも有名な鳴子温泉郷にあり、緑の自然に囲まれた静かな温泉地です。

entrance.jpg
roby.jpg

住所:〒989-6941
   宮城県大崎市鳴子温泉鬼首宮沢24
TEL: 0229-86-2301
入浴料:500円
営業時間:10:00~15:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)
露天風呂(混浴1)
内湯 (女1、男1)

かむろ荘には
・混浴露天風呂
・ 男性専用内湯
・ 女性専用内湯
の3つの湯船があり、全て源泉かけ流しの100%天然温泉です。

鬼首の吹上方面へ向かう一方通行の途中に位置してる旅館「かむろ荘」です。

565.jpg

この付近は細かく区分すると宮沢温泉というエリアに当たるそうでして、「旅館元湯」もこちらと同じく宮沢温泉のひとつに含まれているみたいです。

562.jpg

建物もやや古く感じるくらいの造りです。

かむろ荘の露天風呂は基本的に混浴ですが20:00~21:00の間は女性専用タイムになります。
露天風呂は、周囲の山の緑と静寂に囲まれた風情溢れる岩風呂でした。

kamuroso001-600x450.jpg

浴槽はモルタルに岩を埋め込んで化粧が施されている造りで、山側から突き出たゴツイ岩の湯口からほとんど熱湯状態のお湯がチョロチョロと落とされています。
湯量が絞られているのはお湯が熱すぎるためでしょう。
湯口には白いヒゲのような析出が現れており、浴槽の湯面にもうっすらと白いラインが浮かび上がっていました。
源泉投入量を絞って温度調整がなされていますが、それでも全体的に熱めの湯加減であり、湯口から落とされた熱湯は浴槽の(山に向かって)左半分へ流れるため、左半分はかなり熱い状態でした。

お湯は無色透明でトロトロしています。
入浴するとサラスベの浴感が肌に伝わりました。
分析表を見ますとあと一歩のところで食塩泉になれずにアルカリ性単純泉へカテゴライズされているようですが、お湯のコンディションなんて日によって結構違って現れますから、場合によっては1000mgのボーダーを超えて食塩泉になる日もあるのかもしれませんね(1kg中の溶存物質含有量が総量1000mg未満で、且つpH8.5以上だったらアルカリ性単純泉)。

加水による湯加減調整が上手くいき、ベストな状態で入浴させていただきました。
頭上を紅葉の梢が屋根のように覆い被さっており、虫のすだきも耳に心地よく、柔らかな木漏れ日が落ち着いた環境を生み出してくれ、じっくりのんびり浸かっていたら、すっかり心の洗濯をすることができました。

内湯は大きま窓からの採光がよい感じの風呂です。

f27cb5f5d6485a7a1d28e31ca79bd0b5.jpg

湯舟も広く、結構な人数をこなせると思います。

鬼首で間欠泉をみて、その後はこちらでのんびり、、、というのにぴったりです。
ぜひお越しください・

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルはこちらから
 ↓ ↓ ↓


ゆっくり寛げる温泉!井戸川温泉【福島県の温泉】

福島県は郡山市にある温泉です

ダウンロード.jpg

井戸川温泉は日帰り入浴をメインにしていますが、宿泊も出来る温泉宿です。
日帰り入浴は朝9時から夜8時までの11時間ですが入浴料500円を払えば大広間の休憩室にずっといてもOKで持込もOKなので1日のんびりと温泉に入ることが出来ます。
食事処もあるのでそこで食事をしてもよし!

images.jpg

公共機関で行く場合はかなり難しい温泉です。
近くに駅が無くバスも恐らく通っていないため車で行かれることをおすすめします。

車で行く場合は東北道を郡山南ICで降りて15~20分くらいの距離にあります。
郡山市内を通る県道6号線沿いにあります。
県道6号線は猪苗代湖から郡山駅付近までを結ぶ道路です。
あまり広い道ではないので旅行者が通ることはあまり無い道だと思います。

日帰りをメインにしてますが。。。と、冒頭に書いていますが
宿泊で1泊の場合最大滞在可能時間がなんと31時間!!!それでいて1泊2食6800円という価格になっています。チェックインが朝9時からでチェックアウトは翌日16時まででOKという太っ腹な温泉宿です。
のんびりしたいのなら本当に良い料金設定ですね。

内湯と露天風呂

ここは男女別の内湯と露天風呂があります。

images (1).jpg

5~6人は楽に入れる内湯です。
リンスインシャンプーとボディソープも置いてありました。

idogawa004-600x450.jpg

お湯は適温。
少しぬるめに感じる方もいるかもしれない40度くらいでした。

内湯の中に露天風呂へ繋がるドアがあり、そこから露天風呂へと向かいます。

idogawa005-600x450.jpg

露天風呂は3人くらいなら楽に入れる広さ。
こちらもぬるめで気持よく長く入ることが出来ました。
泉質はアルカリ性だということが解ります。
源泉掛け流しかどうかは解りませんが(オーバーフローはしていなかったので)悪くない湯質です。

idogawa006-600x450.jpg

のんびりと木々を見ながら入ることが出来ました。

idogawa007-600x450.jpg

地元の人に愛されている温泉だと感じました。

idogawa008-600x450.jpg

基本情報

施設名 井戸川温泉
住所 〒963-0213 福島県郡山市逢瀬町多田野字休石35
電話 024-957-2173
お風呂 男女別内湯  男女別露天風呂
日帰り入浴 9:00~20:00(8/11~8/13 休日)
料金 500円
訪問日時 2006年11月13日
ph 9.4
お湯の色 無色
泉質 カルシウム・ナトリウム ― 硫酸塩冷鉱泉

この宿はオンライン予約ができます