掛け流しの美肌の天然温泉、宮城県鳴子温泉 旅館すがわら

宮城県鳴子温泉郷鳴子温泉にある和風温泉旅館。

2916.jpg

9つの多彩なお風呂(うち足湯1つ)自慢でもちろん源泉かけ流し。
地元素材にこだわり抜いた料理も自慢のお宿です。

sugawara.bmp

創業 慶応元年(1865年) 鳴子の老舗宿
無加水・無加熱・無循環の天然温泉として、
日本温泉協会から認定されてます

DSCF1542.JPG

館内の浴室はすべて同一源泉からの無循環・無濾過・かけ流しです。
貸切風呂は、清掃中以外は24時間いつでも、空いてさえいれば自由に使用できるのもうれしいですよね。(事前の予約不要、別料金無)

ダウンロード.jpg

源泉はお肌に優しく、乳幼児からお年寄りまで幅広く安心して入浴できます。

ZOZQ23.jpeg

すべすべの入浴感、そして入浴後はしっとりとしたお肌になる「美肌の湯」として評判ですが、これはナトリウムイオン :773.0(mg/kg)やメタケイ酸:498.6(mg/kg)という天然の美肌成分が多く含まれているためです。
また、動脈硬化症・神経痛・疲労回復にも効果の高い温泉です。

Y336972155 (1).jpg

源泉は大浴場と露天風呂から約3メートルの位置にあります。
浴槽と源泉が近いので新鮮で天然成分が失われません。

源泉から出た温泉を一時タンクに貯めて各浴室への給湯、さらに熱交換を行いシャワー等に利用しているそうです。循環・濾過なく、すべてかけ流し状態で使用

h999.jpg

天然温泉足湯 蒼天の湯

中庭の池に浮かぶ檜造りの天然温泉かけ流しの足湯「蒼天の湯」。

26870186_1880001784.jpg

鳴子温泉の中でメタケイ酸が498.6mgと最も高い数値の「摩天の湯」源泉はシリカコロイドの散乱現象により時々青色に変化します。
この青色に変化する天然温泉、自然現象にちなみ「蒼天の湯(そうてんのゆ)」と名付けられました。

メタケイ酸による天然の美肌効果が高く、 身体の芯まで温まる温泉と檜で造られた足湯でリラックス効果も高まります。

じつはここ、NHK「アインシュタインの眼」で取材されていました。

ひとたび入浴すればピチピチのお肌に変身!すがわらの湯の最大の特徴は、ヌルヌルとした肌触り。
まるで肌にまとわりつくかのような温泉です。

この効果をもたらすのは、アルカリ性泉の泉質です。
アルカリ性泉は、肌の古い角質層や皮脂層を溶かす特徴があります。
これを乳化作用と言います。
この作用で古い角質層や皮脂層が溶かされると一番上の皮膚がなくなります。
そして新しい皮膚ができ、その結果ツルツルスベスベの肌に生まれ変わるんだそうです。

料理は、四季の彩りを添えた旬の味覚。

地元の素材にこだわった旬食材で作り上げる季節の御膳。
宮城県内の、漁港で水揚げされた魚介類や仙台牛。
鳴子山麓で採れた茸や山菜、米も宮城県産を使用。
さらには、日本酒も宮城の地酒が用意されております。
そしてさらには、仙台牛取扱指定店として認証を受けております。(№1094)
※宮城県産黒毛和牛の品質ランク付でA-5とB-5の最上級ランクに評価されたものだけが
「仙台牛」と呼ばれます。

d001.jpg

鳴子温泉まで、ぜひ足をはこんでみてください
この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントや、クーポンでお得にどうぞ

楽天トラベルはこちら
↓ ↓ ↓


じゃらんはこちら
画像をクリック

商品リンク

秋の宮温泉郷 鷹の湯温泉(秋田県)

秋田県は湯沢にある温泉です

鳴子温泉から国道108号線を北上し、秋田県に入ると最初に目につく温泉郷が秋の宮温泉郷です。
この秋の宮温泉郷の中でも最高の野天風呂がある温泉宿が「鷹の湯温泉」です。
渓流沿いにある野天風呂は野趣あふれ、何度も訪れたくなる温泉です。

zu.bmp

河畔に位置する一軒宿として有名なのが、秋の宮温泉郷 鷹の湯温泉です。深さ130cmの立ち湯や、女性専用の露天風呂・野趣あふれる露天風呂あるので、温泉好きは1日かけて楽しむことができる宿です。 

鷹の湯温泉へのアクセスは、車で行くのがもっとも便利です。
公共機関の場合は最寄り駅は奥羽本線・横堀駅になりますがここから歩くのは無理なのでタクシーか宿の方に送迎をお願いするのが良いでしょう。
タクシーだと7000円~8000円くらいになります。
一泊泊まれちゃいますね(笑)

上記の写真の通り入り口には大きな看板があります。

takanoyu035-600x450.jpg

宮城県側からであれば東北自動車道・古川ICを降りて国道47号線から国道108号線へ。
鷹の湯温泉は国道108号線沿いにあります。
古川ICから大凡2時間くらいです。
ただし冬季は道も凍結しており危険なため3時間は見ておいた方が安全です。
もちろん、内湯も充実していてそれぞれ温度の違いも楽しむことができますよ。
冬になると露天風呂から雪景色の絶景を眺めることができます。 

鷹の湯温泉は明治18年(1885年)で創業130年の温泉宿です。

takanoyu033-600x450.jpg

日本秘湯を守る会の温泉宿にもなっています。

takanoyu034-600x450.jpg

鷹の湯温泉には混浴の内湯(大浴場)と女性専用の内湯、混浴の半露天風呂(ほぼ露天風呂)、女性専用の半露天風呂(ほぼ露天風呂)、混浴の野天風呂、そして足湯があります。

館内に入ると最初にある温泉が混浴の内湯である大浴場です。鷹の湯温泉の名物風呂にもなっています。

takanoyu031-600x450.jpg

曇っていて解りにくいと思いますが湯船は4つありました。

takanoyu029-600x450.jpg
takanoyu028-600x450.jpg

ここの面白いのは湯船の深さ。一番深い湯船は130cmもの深さがあります。一瞬溺れるかと思った(^_^;)
混浴ですが女性専用時間もあるそうです。

深いお風呂といえば、岩手県の花巻にある温泉にも深いところがありました。
日本有数の深さ1.25mの立って入るめずらしい温泉 鉛温泉 藤三旅館
http://www.meitouhitou.site/article/441580306.html

次に向かったのは混浴の半露天風呂と言ってももう露天風呂と言っても良いと思います。

takanoyu014-600x450.jpg

この時期は少し寒かったけど立ち上がって外の景色を見ると雪化粧した川が見えて良い雰囲気です。

takanoyu007-600x450.jpg

お湯は適温で源泉掛け流し(ただし加水はあり)。ゆっくりと入ることが出来ました。

takanoyu006-600x450.jpg
takanoyu009-600x450.jpg

そして次は宿の外へ

takanoyu011-600x450.jpg

少し歩くと足湯があります。

takanoyu017-600x450.jpg

冬場は寒すぎますが秋ならここでゆっくりするのも良さそうです。そして更に進み野天風呂へ

混浴の野天風呂

takanoyu024-600x450.jpg

鷹の湯温泉で一番好きなのが野天風呂です。

takanoyu020-600x450.jpg

冬に行くとこのような景色になります。シンシンと降る雪の中、ずっと入っていたくなる露天風呂です。は~、やっぱり雪見露天って最高だな~なんて思うこと間違いなし!

takanoyu019-450x600.jpg

行基法師が発見し、傷ついた鷹が湯に浸かって傷を治した事からその名がついたといわれています。 
秋には、温泉につかりながら美しく色づいた紅葉を楽しめる紅葉の名所でもあるんですよ。
足湯もあるので、大自然を楽しみながら、気軽に良質のお湯を堪能できますね。 
■ 基本情報
施設名 秋の宮温泉郷 鷹の湯温泉
住所 〒019-0321 秋田県湯沢市秋の宮字殿上1
電話番号 0183-56-2141
日帰り入浴 630円(要確認)
入浴時間 11:00~14:00(変更あり)
お風呂 混浴内湯 女性専用内湯 混浴露天風呂×2 女性専用露天風呂
訪問日時 2006年12月1日 他数回
ph 7.3
お湯の色 無色
泉質 ナトリウム-塩化物泉

この宿はオンライン予約ができます

楽天トラベルでの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓


じゃらんからの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓

ポイントや、クーポンでお得に泊まりましょう!!