酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯は青森県青森市南部にある八甲田山系の火山起源の温泉。湯はその名の通り強い酸性を示す。元の温泉名は鹿湯で、すかゆは読みの“しかゆ”が変化したもの。

ガイドブックにも、そうでない本にも掲載されるほど有名な酸ヶ湯温泉。
奥入瀬渓流から十和田湖を通り、山へどんどん入っていきます。
雲の上のまさに秘境です。

道は迷いようがない一本道です。ですが、遠い。。。。。
まだかまだかと登っていき、いよいよ発見。でかい建物がドーンと目の前に広がります。

BLGA5380123eca705_Wx300_5380123edc046@2x.jpg

いろんなところから入りに来るんでしょうね、駐車場は相当な台数が確保されています。
青森の総ヒバ造りの風情ある浴室と、柱を使わない「ヒバ千人風呂」という160畳もの大空間で有名です。また、お湯も青白いにごり湯で多くの成分を含む良質な温泉。混浴でも有名ですね。
その歴史は古く、およそ300年の歴史を誇ります。そして、国民保養温泉地 第1号に認定されています。
ヒバ千人風呂は10年に1度の改修と、多額のコストもかけたり、湯治での利用もできるなど古き良き歴史を守っている温泉です。入り口を入ってみる。秘湯の旅館みたいな感じかと思っていましたが、実際に訪問すると結構大きな建物でイメージとは少し違いました。

BLGA5380129425aa3_Wx300_5380129436443@2x.jpg

料金支払いの窓口ですが、今は自動券売機で購入したチケットを箱に入れる仕組みです。雰囲気ありますね。

BLGA538012b3219ca_Wx300_538012b332361@2x.jpg

通路を通ってまずは玉の湯へ。玉の湯浴室。訪問時期が11月だったため、湯気がモワモワでした。

BLGA5380131b94313_Wx300_5380131ba3d15@2x.jpg

酸ヶ湯は内湯の換気が良くないため、寒い時期に行くと湯気がすごいことになっています。
ヒバ千人風呂とは源泉が異なるようです。
こちらの方が、少しPHがマイルド?ということですが。。。
源泉投入口。7-8L/分くらいでしょうか。この浴槽のサイズなら鮮度も良さそうです。石の上に木版がはってあります。ヒバでしょうか。

そしていよいよヒバ千人風呂へ脱衣所はレトロです。鍵付ロッカーも設置してあるので、貴重品も安心です。風呂場に入っていくと下りの階段があります。これ、いつの時代でしょうか??けど、でかい!!

BLGA53801362e9dc9_Wx300_5380396e10506@2x.jpg

写真は公式サイトからお借りしています。

よくこんな建物ができたなというくらい。たしかに千人入れそうです。見事な建物です。
こういった浴室をみるためには、寒い時期を割けた方が良いと思います。冬に1度行っただけなので湯気でもうもうとしていましたが、それでも十分な景色です。
冬場は少し離れると人がいるのかもわからないくらいだったと思います。女性はその方が入りやすいかもしれません。
大きな一つの風呂に立て看板があり、近づいてみると男女の境はここですよと示されています。女性は大きなタオル生地?の風呂用の着物を借りることができます。カップルと思われる男女が看板を挟んで浸かっています。うらやましい。。。
津軽弁で混浴の注意事項が書かれています。とてもいい風情です。日帰りも良いですが、宿泊するとより酸ヶ湯らしさを堪能できそうです。
また、良いお湯に巡り合うことができました。この宿の予約はじゃらんでできます↓↓↓

ポチッとお願いします↓↓↓

温泉 ブログランキングへ

楽天トラベルでの予約はこちらです
 ↓ ↓ ↓


安比高原温泉郷 綿帽子温泉館あずみの湯

岩手県八幡平市にある綿帽子温泉館あずみの湯の日帰り温泉情報です

場所はここ

mapimg.htm

わかりにくいですか
ここです

static.png

山奥の日帰り温泉です。

日帰り温泉情報までカバーしています
↓ ↓ ↓

雪深い場所にある温泉です。
ですが、この雪あってこその安比高原スキー場です。

安比で滑った後は、ここまで足を延ばしてあったまって帰るというのが定番です。

チョコンと屋根の上に乗った綿帽子の塔が目印。

23521460a.jpg

お風呂は洋風「コスモスの湯」と和風「りんどうの湯」があり毎週男女の湯が入れ替わる。 

27001583.jpg

建物の造りがよく、お風呂も非常に落ち着きます。

30fcfe93158a99170b1ad43b249d74d5.jpg

おなかがすいたら、レストランもあるため、本当にゆっくりくつろげます。

P1570751.jpg

所在地 〒028-7557 岩手県八幡平市細野436-1
利用時間 10:00~21:00(最終受付20:00)
入場料金 大人600円、小学生300円
電話番号 0195-72-6811

この施設の情報はこちらからもどうぞ

小田代(こだしろ)冷泉 [岩手県宮古市田老/温泉浴場]

岩手県宮古市(みやこし)は田老(たろう)にある温泉です。

小田代冷泉(コダシロレイセン)と読みます。

小田代冷泉.bmp

予約など、宿の情報はこちらからもどうぞ!!
ポンタポイントがもらえたり、予約に使えるクーポン
口コミで30Pもらえたりと、大変お得です!!

田老といえば県内でも魚介類が良いことで有名なところです。
11月の後半には、鮭・アワビ祭りも開催され大変にぎわいます。
鮭は県の魚にもなっています。

e192265c.jpg

まつりの様子

新道の駅たろうイベント広場(田老町漁業協同組合ビル西側)で開催されます。
海鮭のつかみ捕りをはじめ、歌謡ショーや郷土芸能、海産物などの販売のほか、鮭汁の無料提供や餅まきなどが催されます。

イベントの後には、こちらでさっぱりしてはいかがでしょうか

結構マニアックな温泉です。

田老駅から車で10分

皮膚病に良いとされる温泉です。

on_na_yokushitsu1.jpg

四季の自然の中でくつろげる湯、日帰りで愛される湯、どなたでもご利用できるのが「小田代の湯」です。
泉質は、無色透明の単純冷鉱泉で、炭酸水素、ナトリウム、塩素など、多くのイオン物質が含
まれています(平成12年温泉分析書)。
根強い固定客が、その効能を語っています。
この沸かし湯(冷泉)の歴史は、かなり古いものと考えられ、昔から、マタギや木挽き、炭焼きなど山仕事の人たちは、ここの冷水で傷を癒したといいます。

嘉永6年(1853年)の三閉伊一揆の民衆もここを通り、疲れを癒したと想像されます。

古くから個人経営の湯宿があり、田老では馴染みの沸かし温泉で湯治客は絶えませんでした。
昭和25年に行った温泉法による分析で泉質が分かり、田老町において、町立病院の付属診療所として運営
を始めました。

それまで言われていた冷水のウルシかぶれや切り傷、打撲などの効能のほかに、沸かし湯は、冷え性、神経痛、リウマチ、胃腸病などにも効果があると分かり、漁師たちも冬場は一人で湯治に来るなど、効能の伝聞は広がっていきました。

その後、施設を昭和54年に新築し、「老人憩の家 小田代山荘」として再オープンしました。

平成6年の改築では浴室を広げ、バブルマッサージ機能も設えました。
老人福祉を名目にしていますが、どなたでも利用できる施設です。

周囲の豊富な自然の中で、山菜やキノコ採り、渓流釣り、地元の人たちとの出会いなど、何かが起きる空間です。(写真は小田代川渓流)

keiryu1.png

そして、「山姥(やまんば)」の伝説が残る里でもあります。
田老の秘湯、小田代の湯、どうぞ、ご利用ください。

入浴利用 午前9時~午後9時
日帰り客室利用 午前10時~午後4時

(入浴のみ)
60歳以上 150円(宮古市民)
一般    300円
小学生  150円
※利用時間1時間以内

(日帰り利用の場合)
60歳以上  410円(宮古市民)
一般     820円
小学生   410円

予約など、宿の情報はこちらからもどうぞ!!
ポンタポイントがもらえたり、予約に使えるクーポン
口コミで30Pもらえたりと、大変お得です!!

豊富な白濁の源泉かけながしの温泉宿 松川温泉「元湯松楓荘」

岩手県は八幡平市 松川温泉

ご予約は

八幡平リゾートを過ぎて、さらに山奥へ

十和田八幡平国立公園の看板に出迎えられ

90bee44dc36709085172db9ce5edd072.jpg

やってきました、松川温泉
今日は一番手前の松楓荘へ入ります。

看板猫のお出迎えもあります。

01478a926a79369106941b0296379274.jpg

大自然が残る八幡平松川渓谷沿いに位置する松川温泉「元湯松楓荘」。
もっとも歴史が古く1062年(平安時代)に発見され、
1743年(寛保3年)高橋与次郎が開湯したのが始まり伝えられています。

b0135255_12252812.png

渓谷沿いにある山小屋を思わせるようなぬくもりのある木造建てです。
昔は湯治客で賑わいを見せておりましたが、いまではその鄙びた風情を求めて秘湯ファンが訪れています。
2本の源泉を持つ湯量豊富な自慢の湯は、「あつめ」「ぬるめ」と2種類の温度が楽しめる新感覚趣向の内風呂と、巨岩の男女別の内風呂、混浴露天風呂が楽しめます。

unnamed (1).jpg

内湯の入り口

ぬるめの湯がある、一番手前の内湯です

images (1).jpg

この写真の右側にお湯の流れる樋があり、そこから手桶で汲んで髪を洗ったり、体を流したりします。
シャワーがないのも松川温泉の特徴です。

もう一つの熱めの内湯と

e1e64fc7e6abb5651c26ac3704fdad67.jpg

(画像はお借りしています)

混浴露天風呂です

images (2).jpg

川を見ながら浸かることができますが、
男性が3人も入っていれば、女性はちょっと。。。
逆に女性が5人も入っていれば、男性はちょっと。。。

という感じです。
でも、女性は内風呂からダイレクトにこの露天風呂へ行けるので、だいぶ入りやすいかもしれませんね

風呂上がりには、サービス券を温泉卵かヤクルトに交換できます。

224501812.v1435664743.jpg

テーブルには塩も準備されていますが、かけなくても十分おいしいゆで卵です。
ぜひ味わって見てください。

この提灯に恥じない名湯です

unnamed.jpg

ご予約はこちらからもどうぞ

東鳴子温泉 ホテルニューあらお

宮城県は東鳴子の温泉です

東鳴子温泉の外れ、一番鳴子寄りにあるホテルです。
別名、荒雄荘。
昔からの鳴子温泉をご存知の方であれば、
国鉄荒雄荘 → JR荒雄荘 → ホテルニュー荒雄 という流れがわかるかもしれませんね。
調べてみたら旧国鉄の保養所だった「荒尾荘」が民間経営に変わった為のようです。

static.png

この宿の予約はこちらからもどうぞ

目の前を通過する事は何度もあり、いつか行こうと思っていましたが、ずっと先延ばしになっていました。

o0800060013527742103.jpg

ゴチャゴチャした感のある東鳴子温泉街の中、この辺だけ開けた感じで、開放感と寂しさが同居する、そんな場所です。

1Fの奥にある浴場には、少し大きめのジャグジー付き内湯があり、大きな窓の外には中くらいの大きさの露天風呂が見えています。

o0800060013527743774.jpg

露天風呂は屋根付ですが、明るい光が差し込む屋根なので、爽快で良い気分なのです。石造り(コンクリート含む)の浴槽もスッキリしていて清潔で、気持ち良いですね。

0f90245d.jpg

 お湯は、東鳴子特有の琥珀色でビニール系アブラ臭のする、コーティング系ツルツル肌触りの温泉らしいお湯。
そして、ふわっとした茶色の湯ノ花も、浮遊しております。
う~ん、やっぱり鳴子の温泉は最高。
お湯がもうちょっと熱めだと、なお良いのですが‥、注ぎ口でうずくまるようにして、丁度良いくらいでした。
あとは、周りが建物だらけなのが少し残念ですが、雪でも降ってくればまた良い景色へと‥。
風呂に入っているとすぐ脇を汽車が走っていきます。
緊張の一瞬です。

ま、あまり乗ってないので大丈夫でしょうww

入浴 600円 10:30~21:00
入浴、休憩(広間無料~15:00)、宿泊
無休
男女別(内湯1、露天風呂1)
シャンプー、セッケンあり
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:炭酸泉・黒湯混合泉 73.2℃ pH8.0 ナトリウム 277, 炭酸水素 463, メタケイ酸 236

この宿の情報はこちらからもどうぞ

楽天トラベルからの予約はこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんからのよやくはこちらから
 ↓ ↓ ↓