お子さんも喜ぶ鶯宿「加賀助」だけのアクティビティ

岩手県 雫石町鶯宿にある温泉宿です。

宿温泉を見つけた、加賀の助にちなんだ宿「加賀助」。
素朴で温かい、人情味あふれる“ふるさと”が息づくおもてなしがここにはあります。

images (4).jpg

この宿はこちらからも検索できます

鶯宿温泉では唯一、スタッフが伝統的な「雫石あねっこ」衣装でもてなしてくれます。
今ではあねっこ衣装を見られる場所も限られていますが、こちらでは朝食の時に見れるようです。

そもそも雫石あねっこの衣装はこの地域で働く女性たちの野良着でしたが、宮澤賢治や柳宗悦が絶賛しています。
雫石は温泉の宝庫であり、京美人の系統を汲む、美人の里としても知られています。
あねっこ衣装は、毎年行われる雫石郷土際の「雫石よしゃれ祭り」や雫石町の観光マスコットキャラクター「しずくちゃん」の衣装として見ることができます。

鶯宿温泉は450年ほど前、加賀の国の樵「助」という者が、岩の間より湧き出る湯を発見しました。

たまたま、この湯に傷ついた足を浸しては近くのこずえに宿ることを繰り返していた鶯が数日にして傷が治り飛び去った後に紫雲のたなびくのを見たとされています。

images.jpg

歴史ある温泉を、加温加水のない100%源泉かけ流しで使用しているお風呂です。
欠点は加水していないために、温度が非常に高い。
熱くて、そんなに長く入れなかったのが、残念でした。

images (3).jpg

ですが、ここは湯冷めしない温泉、保湿効果が高く美肌の湯として女性にも非常に人気があります。
こちらの温泉は「大理石風呂」と「檜風呂」があり、日替わりで男女が入れ替わります。

日帰り入浴は12:00~19:00まで(風呂は6階にあります)
入浴料金 500円(5枚セットで2000円で買うこともできます)
泉質
ナトリウム、硫酸イオン、炭酸ヒドロなどを含むアルカリ性単純泉

効能
神経痛、胃腸病、リュウマチ、婦人病

上がった後に、1階ロビーの囲炉裏の前で休憩ができるのもポイント高いです。
やっぱり、火を見ていると落ち着きます。

images (1).jpg

この宿のプランはこちらを確認してください

楽天トラベルでの予約はこちら
ポイントをお得にゲットしよう
 ↓ ↓ ↓