素朴な伝統こけしが出迎える「仙台の奥座敷」作並温泉

仙台市街地から車で約30分。
そびえ立つ巨大なこけしが見えてきたら、温泉街はもうすぐそこだ。
秋保温泉とともに、観光客のみならず地元・仙台の人々も通う「仙台の奥座敷」。
山形県との県境近くの山あいに、作並街道をはさんで近代的なホテルから素朴な湯宿までが軒を連ねる。
松尾芭蕉の「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」で有名な山形県山寺(立石寺)まで、電車で約15分。
新緑や紅葉の季節は特に美しい雄大な自然を包み込む静寂に、渓谷のせせらぎが響き渡る。
温泉街の入口で出迎える独特の台付きこけしは、江戸時代末期から受け継がれる作並のシンボル。
派手さはないが心安らぐ素朴な表情が、湯客を寛ぎと温もりの時間に誘う。

tizu.bmp

作並温泉の代名詞、伝統「源泉かけ流し」天然岩露天風呂が名物の老舗宿★通年利用できる室内温泉プールあり
創業は寛政八(1796)年だが、湯は奈良時代の高僧・行基によって発見され、また、鎌倉時代に源頼朝が奥州平泉の藤原氏討伐の際にこの湯に浸かり自らの体を癒したとされる伝説も残る温泉です。
創業以来の姿を保ち続ける名物の「天然岩風呂」は、地下一階からさらに八十八段の階段を下りた広瀬川の渓流沿いにあり、谷底の岩をくり抜いて造られた四つの湯舟は、それぞれが泉質・泉温が異なった自噴かけ流しです。
春の新緑から冬の雪景色まで渓流の四季折々の景色が堪能できる、作並温泉元湯の老舗宿です。
ご夫婦・カップルがそろって混浴を満喫できます(女性専用時間あり)

t_01.jpg

目の前に流れる広瀬川を眺めながら4つの湯殿が楽しめる伝統の天然岩風呂

t_02.jpg

男女別大浴場のほか、女性専用半露天風呂「香華の湯」もあり

玄関をくぐると、古民具とレトロな家具が設えられたフロント・ラウンジが出迎えてくれる。
地元名産の仙台箪笥や古農具をセンスよくリメイクして配された館内は、間接照明の暖かな灯りとともに落ち着いた雰囲気を演出している。
湯殿は多種多彩で、山の緑を眺める展望露天風呂と、風情ある貸切風呂(有料)での湯浴みがおすすめ。
山里の素材を用いた夕食は、盛り付けも繊細で、季節の食材がしみじみとした味わいをみせる。
食事会場となるダイニングルーム「霞亭」は、上質な雰囲気を醸し出し、贅沢な食事のひとときを演出する。

f_02.jpg

[展望露天風呂] 四季に染まる山並を望む

t_02 (1).jpg

[ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所] 「マッサン」で人気、当館より車で約10分 

源泉100%かけ流し温泉/肌に良い泉質は「美人作りの湯」と親しまれております。
仙台の奥座敷として親しまれている【作並温泉】は、雄大な山懐に抱かれた歴史ある温泉郷です。
周辺には千種以上の植物が群生しており、植物や昆虫を探しながらの散策などを楽しめます。
そして、何よりの自慢が【源泉100%かけ流し温泉】です。
かけ流し温泉は、いつもお湯が溢れ、泉質が落ちる心配もなく温泉の成分が濃いため、温泉の効能が高く「入りごたえのある良質な温泉」と言えます。
美人作りの湯として親しまれている自慢の温泉で心と身体の癒しをご堪能下さいませ。

t_02 (2).jpg

美女づくりの湯とよばれる作並の名湯がそそぐ。
露天風呂併設の内湯

などと大変良いお湯がひしめき合っている
作並温泉です。
ぜひ癒しを求めてお泊りになってはいかがでしょうか
ご予約はぜひじゃらんからどうぞ