湯量豊富な天然自噴の名湯!本物の米沢牛と優しいおもてなしが自慢 白布温泉 東屋

700年来変わらず湯船から大量に溢れ続ける壮大な掛流しは圧巻!
四季折々表情の変わる露天風呂も魅力です。
選りすぐりの本場米沢牛を味わい、寛ぎの空間と素朴なおもてなしで癒しのひと時を♪

白布温泉及び東屋旅館

  • 1312年に開湯された白布温泉は、置賜(米沢地方)、会津の国境、吾妻連峰にある山岳宗教吾妻権現と関連の温泉としての江戸時代の初期までの歴史と、上杉家領の置賜地区と松平家領の会津地区の人々に愛された明治初期までの時代がありました。開湯宿の東屋宍戸家は、代々のお殿様が入湯したと伝えられています。

    来客の地域も上杉藩領の人、会津藩領の人が同数に近く、正に広域の人々に親しまれた温泉として「奥州三高湯の一つ」の名まで付けて愛されての江戸時代だったようです。
    ※奥州三高湯とは「福島高湯温泉」「山形蔵王温泉」「白布高湯温泉」(現白布温泉)

明治時代になると、東屋旅館は新しい時代の温泉旅館として今につながっています。

2000年3月26日、隣家からの出火で、東屋も類焼。
江戸時代からのかやぶき屋根の宿は消えましたが、1年半後の2001年9月再建しました。かやぶき屋根の再建は法令上だめでしたが、内装には杉を主体に木材を取り入れ、山宿の風情を再現しました。
自慢の滝湯(打たせ湯)は昔からの石造りの浴槽で、角の取れた柔らかな形状が江戸時代からの歴史を物語っています。

開湯700年を迎えた2012年には、100年に1体ずつ地蔵が建てられる白布温泉の源泉地に新たに一体が加わりました。

やさしい木のぬくもり、旅に疲れた身体を優しく包み込んでくれる空間に、ゆるやかな静寂の時間が訪れます。

落ち着いた純和風のお部屋、バリアフリー設計の和洋室。
寛ぎのひと時になることでしょう

開湯七百年余。
こんこんと湧き出る仙境の湯に、心ゆくまで身体を委ねてください。

源泉より湯を何本かの樋を通じてすべての浴槽に導いています。
名物の「滝風呂」は、湯滝を患部にあてることで整体治療効果もあります。
また、四季折々の自然が彩る「露天風呂」や、
一つの岩石をくりぬいた「一枚石の石風呂」、バリアフリー設計の「家族風呂」と、
多彩な白布の湯で皆様に親しまれてます。

藩公上杉家の保養御殿時代の大きな庭石を、昭和26年から2年かけて手彫りした「石風呂」です。


解放感あふれる、男性用の露天風呂。

石垣を積み上げて造られたもので、周囲の樹木との調和も心癒されます。

2001年に造られた浴場です。

二段に造られた、女性用露天風呂。

檜の浴槽と、階段を登った所にある小さなお風呂の二か所で、それぞれに違った趣があります。

開湯700年に新しく加わった歴史です。

家族風呂
家族みんなで安心して楽しくご入浴できるようにと、バリアフリーを考えて設計されています

料理もとても充実しています

《牛しゃぶしゃぶコース》

女性に一番人気のコースです。

「米沢牛」又は「県産黒毛和牛」からご選択頂けます。

《牛すきやきコース》

地元の定番料理です。

「米沢牛」又は「県産黒毛和牛」からご選択頂けます。

ほかにも牛ステーキコース、豚じゃぶコース、鴨鍋コースと
豊富なプランがあり、満足すること請け合いです

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしよう

楽天トラベルでの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちらから
 ↓ ↓ ↓


投稿者: さくたろう

ようこそ さくたろうです 温泉がとにかく好き! 温泉に行って癒された~~い いろんな温泉に浸かってみた~~い そんな皆さんのページです。 温泉好きが高じて、このサイトを立ち上げました。 拠点は東北ですが、全国のいろんな温泉に入りたいと思っています。 ぜひここは!という温泉をご存知の方、 コメントに残していただけるとありがたいです。 ブログランキングにも登録していますので、 ご協力お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です