源泉かけ流しと手づくり料理を楽しむ湯宿 湯田川温泉九兵衛旅館

湯田川温泉九兵衛旅館は、山形県鶴岡市の奥座敷と呼ばれる、三方を山に囲まれた静かな温泉地です。

鶴岡市のもう一つの代表的な温泉地である湯野浜温泉は、団体客も泊まれる大型旅館やホテルも多く、海辺のため海水浴シーズンに特に賑わいを見せるのに対し、湯田川温泉は小規模旅館ばかりで本当に静かです。

全13室、朝夕食とも個室料亭でいただく、10歳未満お断りの大人がゆったり過ごせる宿

九兵衛旅館は「とても静かでくつろげる宿だ」ということです。
湯田川温泉はもともと静かな温泉地ではありますが、その中でもバスが通る一番大きな通りから少し奥まったところにあるため、宿の中にいて外を歩く人の声が聞こえるということもありません。

また、お子様のご利用を10歳以上(4年生)に制限しているので、浴室や共同スペースでお子さんの声が聞こえるということがありませんでした。

「田の湯」という小さな共同浴場の隣に九兵衛旅館さんはあります。

九兵衛旅館にチェックイン

九兵衛旅館さんはスリッパ不要の宿です。
裸足で歩いても足が冷たくならないよう、寒い季節は廊下には床暖房が入っていて、どこに行ってもとても暖かいです。

ロビーからは美しい中庭を眺めることができ、中庭に出ることもできます。

床暖房が効いている、見た目にも美しい廊下。
段差はなく、バリアフリーと言えばそうなのですが「元は段差だったところをならした」と思われる部分がちょっと隆起しており、案内していただくとき「気をつけてくださいね」と言われました

こちらが小雪の部屋。

昔ながらの、奇をてらわない10畳間。

お茶うけが2種類ありました。しかもこれが、どちらもめっちゃおいしい!!!

f:id:happydust:20180220224032j:plain

大きいのは「庄内の若くさ餅」
地元産の草餅で、中には餡が入っており、柔らかくとてもおいしい。
小さいキャンデイのようなものは「玉露名人」という名前で、その名のとおり抹茶味のチョコレートです。

【風呂】★★★★☆ 幻想的な内湯から展望貸切風呂までバリエーション豊富に楽しめる

湯田川温泉九兵衛旅館で使用している源泉は1種類のようで、すべての浴室に同じ温泉分析票が置いてありました。 

f:id:happydust:20180221030240j:plain

ナトリウム・カルシウムー硫酸塩温泉。ph8.7のアルカリ性の源泉です。

お風呂は、九兵衛旅館内に大浴場が2つと貸切風呂が1つ。
大浴場は20時で男女の浴室が交代になりますが深夜も入浴可能で、朝10時まで入れます。
貸切風呂は空いていれば内側から鍵を掛けて自由に貸し切れる仕組みで、24時間入浴可能とのこと。

ひとつはなんと金魚と一緒に入るお風呂です
いやいや、いっしょではないですね
大きな水槽がある大浴場です。
幻想的です

湯口のお湯は、時折止まることもありましたが、ほのかに硫黄の香りがして、新鮮さを感じさせる良いお湯でした。

山の湯の浴室は、 大きなガラス窓を中心に、内湯と露天の浴槽がちょうど対称な形で設置されています。

f:id:happydust:20180221030051j:plain

内湯からガラス越しに外を眺めると一瞬、鏡を見ているかのような錯覚に陥りますね。
いや、よく考えたら向こうは外でこっちは室内で完全に違うのですけど……。

露天に出てみます。 

f:id:happydust:20180221030131j:plain

内湯と同様に、浴槽の角にウサギの置物がありますね。

そして、やはりちょっと熱めのお湯ですが、冷たい外気にあたりながらだと気持ちいいです。 

九兵衛旅館内の空いていればいつでも入れる貸切家族風呂

九兵衛旅館内には、空いていれば内側から鍵をかけて好きに貸し切ることのできる、家族風呂のような小さな浴室があります。

f:id:happydust:20180221030400j:plain

 「空いております」になっていたら、札を「入浴中」に返して、中から鍵をかけて入ればOK。

特に眺めはなく、すだれのようなもので目隠しされていました。 

f:id:happydust:20180221030511j:plain

こぢんまりとした浴槽で、湯温は大浴場に比べてもけっこう熱めな気がします。
湯田川温泉の源泉はそこまで熱いわけではないので、このお湯も加温しているはずですが……もしかして「熱めのお湯だと長湯しにくい」ことも加味して熱くしているのかもしれませんね。

【食事】★★★★★ 文句なしの満点。毎月メニューがガラリと変わるのもすばらしい

何がすばらしいって、季節の食材に合わせて、毎月のようにがらりと夕食のメニューが変わるのが本当にすごいです。

季節の料理プラン例はホームページに掲載されているのですが、なんと14プラン。
月に1回以上の頻度で変わるのですね。

また、九兵衛旅館さんでは食事はすべて「個室料亭」でいただきます。
一人泊のときに食事処は抵抗がある……という方でも、問題ないかと。

お刺身。
運ばれてきたときかなり驚きました。
まるでケーキのような、花束のようなあしらいです。

f:id:happydust:20180221032315j:plain

平目、生だこ、鯛、本マグロ。
本マグロは見事な脂ののり方で、口の中でとろけました。

春キャベツと桜美豚のとろり鍋。

f:id:happydust:20180221032345j:plain

春の野菜をサッと煮て歯触りを楽しみます。
もちろん、日本酒にあう味付けです。

揚げ物。 ばんけチーズと山菜の天ぷら。タラの芽。こごめ。

f:id:happydust:20180221032406j:plain

「ばんけ」とは庄内弁で「ふきのとう」のこと。春の恵みですね。。。
右下に見える塩の結晶は庄内産の「花塩」とのこと。こちらでいただきます。

鰤の照り焼き。 

f:id:happydust:20180221032426j:plain

なんの生臭さもなく、ブリの実が口の中でほろりとほどけます。お酒が進みますね。
添えてあるネギやエリンギもちょうどよく煮えており、おいしい。。。

あくまでも一部分ですが、とにかくすばらしい食事です!!

【再訪したい度】★★★★★ 季節を変えてまた行きたい

温泉宿好きの知人たちがこぞって褒め称えていた宿なので、正直なところ、かなりハードルが上がっていたところもあるように思います。

すばらしいお宿です。

特別に安い宿ではありません。2人で平日に泊まって、1万円台後半というところでしょうか。休前日だと2万円ぐらいかな。。。

でも、この宿の料理のことを考えると、同価格帯の宿と比較したらむしろコスパいいよね、と思えてしまいます。
ゆったり過ごせますし。
休前日でも一人泊を受け付けているのもありがたいなと。

誰におすすめしても間違いない宿です。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちら
 ↓ ↓ ↓

投稿者: さくたろう

ようこそ さくたろうです 温泉がとにかく好き! 温泉に行って癒された~~い いろんな温泉に浸かってみた~~い そんな皆さんのページです。 温泉好きが高じて、このサイトを立ち上げました。 拠点は東北ですが、全国のいろんな温泉に入りたいと思っています。 ぜひここは!という温泉をご存知の方、 コメントに残していただけるとありがたいです。 ブログランキングにも登録していますので、 ご協力お願いします。

「源泉かけ流しと手づくり料理を楽しむ湯宿 湯田川温泉九兵衛旅館」への2件のフィードバック

  1. お刺身の盛り付け方が、新しくも花束感有りますね、
    中庭のちょっとした池の中で泳いでる鯉を見るのものんびり気分になりそうですね、料理も私、好みかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です