日本一の標高での温泉と雪の大谷で有名な温泉、みくりが池温泉

富山県 立山町にある温泉です。
といっても、その辺でお風呂というわけにはいきません。
なんたって日本一高い場所、そして自分が入った中でも標高日本一のみくりが池温泉。
日本一高い場所にあると言われるみくりが池温泉へ行ってきました。立山からケーブルカー、高原バスへ乗り雪の大谷を眺め室堂へ到着。
雪の大谷は昔から見たかったものの一つ。
岩手県にも雪の壁は存在するが、けた違いである。今年の壁は14mと、例年に比べ低いらしいが、そこそこの高さで迫力の壁だった。
見所満載の高原バスにケーブルカー、さらにその先にはみくりが池温泉があるのだから満足度は高い。立山→室堂 往復4190円ケーブルカーで約7分、高原バスで約1時間15分、「室堂駅」へ到着。駅は大きくお土産屋さんも並んでいる。
雪が降っている事に驚きお土産屋さんで雨具を買い込む。駅から外へ出て一面白銀の世界にボーゼン。
標高2400m、少し動くと息があがる。
ターミナルからは歩いて約10分。
本当だったらみくりが池が見え、地獄谷から湯煙があがっている雄大な風景を眺めながら歩けるのだが真っ白で何も見えない。残念。。たまたま、温泉があるのを発見したというほうが良いような流れだったが、秘境にある宿としてはとても立派な雰囲気。

BLGA5305c2677bb9b_Wx149_5305c2679943a@2x.jpg

ということもあり、さっそく入ってみることに。
建物のわきにはライチョウもいて、初めて見たことに感動した。
中は小さめのホテルといった感じで食事何処も木で統一された暖かみのある造りになっている。

BLGA533e15b1bc72c_Wx300_533e15b1cb575@2x.jpg
BLGC5305c3e04f7bb_Wx99_5305c3e05e5ff@2x.jpg

みくりが池温泉はみくりが池の湖畔にあり、目の前にある地獄谷の湯を引いている。
地獄から近い事もあり酸が強いかと思われるが意外にまろやか。灰白濁したお湯からは硫化水素臭が香り温度も適温。

BLGA5305c2e200531_Wx300_5305c2e227634@2x.jpg

湯量はそこそこ、あまり人が入っていないせいもあり湯の質は良かった。

BLGA5305c3adbfa19_Wx149_5305c3adc7719@2x.jpg

窓は全てくもり、外の景色が何も見えないのが残念。
カランも温泉で、温泉熱を利用して沸かしている。
立山駅の中でそばとマス寿司。マス寿司が最高においしい。
小腹が空いた時にはお勧め。

温泉ランキングへここの予約は、じゃらんからいけます↓↓

または楽天トラベルからどうぞ
↓  ↓  ↓


トロッコ電車で行く、超秘境にある温泉宿 黒部峡谷 名剣温泉(富山県)

富山県は黒部峡谷トロッコ電車で約1時間45分、終点の「欅平」駅より歩いて15分ほどの場所にある名剣温泉。
名剣温泉は黒部にある温泉の中で最も新しく限られた小さな土地を最大限に生かした造りとなっている。

こんな山奥だというのに流石黒部、電気は豊富な為自家発電などではなくところかしこにライトが灯され、エアコンにウォシュレット付きのトイレと都会と変わらない設備に驚く。

こういうのを見ると、富山は電気の使い方が非常にうまいとつくづく思う。

toyama.bmp

宇奈月温泉からトロッコ電車に乗って約1時間45分。
一番安い普通車、背もたれがなく扉はチェーンで仕切られているのみの車両を選んだが、、、今回は失敗。
最初こそワクワクしたり景色を見たりしていたが時間が長すぎて途中からしんどくなってきた。

BLGB5305ca607693d_Wx149_5305ca62a99c1@2x.jpg

到着直前は疲れて半寝状態。。。
終点まで行く場合には、リラックス車両がお勧め。

欅平駅に到着したのは16時頃。
この時間帯になると帰ろうとしている大量の人達がトロッコ電車に乗れず駅の周りをウロウロしている。橋を渡ると落石があるためヘルメットをしてくださいとヘルメットが並んでいる。

BLGB5305caff127b5_Wx149_5305cb0146bc2@2x.jpg

短いトンネル

ちょっとした坂
大きな岩がえぐられたような岩をくぐり、短いトンネルを抜け、少し坂を登ると以外とすぐ宿に到着。

3連休に訪れた事もあり、家族連れが沢山来ている。

外観はよく山にありそうな山宿風

BLGA533e1924426d1_Wx300_533e192453070@2x.jpg

この大自然の中にポツリ、真ん中の宿が名剣温泉

BLGA5305cc0617b12_Wx149_5305cc06d237d@2x.jpg

名剣温泉入り口

写真には載っていないが到着した時間帯はトロッコ電車の運行時間内という事もあり、日帰り客が宿の入り口が見えないほどいた。

日帰り入浴客用にアイスコーヒーやアイスやビール、団子なども売っており、外の休憩場所で景色を眺めながら楽しんでいる家族連れが沢山。

到着すると入り口脇にある囲炉裏が付いたテーブルへ案内され温かいコーヒーか冷たいお茶どちらがいいですか?と聞かれる。

BLGA5305cc29a75bd_Wx100_5305cc29abff7@2x.jpg

歩いて来て結構汗をかいたので冷たいお茶がよかったのだが、貧乏根性?だろうか、つい普通に頼んだらお金がかかるであろうコーヒーを頼んでしまった。

お宿の方たちはきさくな感じで話しやすく笑顔も気持ちがいい。
皆さん住み込みで働いているようで名剣温泉への思い入れも強そうに思った。
1泊2食付 2名1室 1名あたり 16,850円 7畳+2畳 トイレ付

部屋の雰囲気はよく九州にありそうな新和風。
ライトも電球色で、和紙の電気で装飾され心地が良い。
窓のそばには小さな寛ぎのスペースがあり窓を開け、滝の音を聞きながらビールを飲むのは最高な一時だった。

BLGA53069bf9a683b_Wx149_53069bf9ad1b6@2x.jpg

露天風呂は入り口から外へ

手作りの地面より浮き上がった通路を歩く
ランプのやわらかい光の中で 黒部川のせせらぎに耳を済ます

BLGA53069c325758b_Wx300_53069c50a3db2@2x.jpg

男性用露天風呂
夕方露天風呂へ行くと、日帰り客がよっぽど多かったのか湯の質はあまり良くなくなまり気味。
夜と朝は夕方より湯がにごった感じはなくとても綺麗で鮮度がよい湯だった。

白や黒の細かい湯の花が舞い、飲んでみるとフワッ若干の硫黄臭がし甘みのある味だ。

BLGA53069c7991ac6_Wx149_53069c7998826@2x.jpg

投入量も多め

温度は熱めで湯あがりポカポカ、湯あがりの肌の調子もよい。

BLGA53069d831a611_Wx200_53069d83ddf02@2x.jpg

貸切半露天風呂

40分間の貸切ができ、宿に到着した順に予約を入れる事ができる早いもの勝ち制度となっている。

今回頭を洗うのは貸切露天風呂にしたためこの他に内湯があったが入るのを忘れてしまった。

半露天風呂という事もあり風が入ってきて程よく涼しい中熱い湯への入浴はなかなかよかった。
夜は虫だらけではあったが虫がダメという人じゃなければ問題になるほどではない。

湯の質は人の入りが少ない事もあり露天風呂より良い

BLGA53069dc17e2e5_Wx149_53069dc18542d@2x.jpg

生ビールを入れてくれる

入り口のベンチで一杯♪
こんなに奥地で秘湯なのに、、、生ビールが飲めるなんて感激。
湯あがりに入り口のベンチに座り生ビールを一杯。 あ~幸せ。。。

住所 富山県黒部市犬山198-1 電話番号 0765-52-1355
アクセス JR北陸線 魚津駅より富山地方鉄道で宇奈月温泉へ、黒部峡谷鉄道で終点欅平下車、徒歩15分
Web http://www.kurotetu.co.jp/onsen/meiken/
宿泊料金 1泊2食付16,800円~ 部屋数 – お風呂の種類と数 露天風呂:男女各1,貸切半露天風呂1/内湯:男女各1 日帰り入浴時間 10:00~14:00 大人700円/小学生500円/幼児300円(休憩別途) 
冬季閉鎖 11月中旬~5月上旬(要確認) 
利用形態 日帰り利用可日帰り可宿泊可宿泊可
温泉データ
源泉掛け流し/加水 成分量 – 泉質 単純硫黄温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) PH – 湧出量 – 源泉温度 81.2度(使用位置59.0度) 源泉名 祖母谷温泉
貸切風呂/家族湯
秘境温泉・秘湯

このお宿は オンライン予約が可能です!