450年の伝統、御殿の湯。四季折々のお料理と温泉が自慢の宿!ホテルニューあらお 宮城県 鳴子温泉

東鳴子温泉神社付近に、仙台藩や岩出山城主の遊楽地として御殿が造られました。

遊湯したのは、岩出山城主9代義監(よしのり1809~1846)と、仙台藩主・伊達慶邦(楽山公)で、特に楽山公は文久3年8月、子供のいないのを憂い、夫人(孝子)と共に赤湯に湯治し、宗基(仙台藩初代知事)、邦宗の二子をもうけたことから記念の松を植えました。

名付けて「手招きの松」と称しました。

「御殿の湯」は、名湯として400年の歴史を今に伝えています。

400年の時を越え、今も源泉が凛々と沸き出すかけ流し100%の湯を、是非お楽しみください。

img_shop.jpg

四季を通じて感動がある鳴子温泉郷。

アトピーの方、ぜひ!!
といってるとおり

泉質はお肌にやさしいナトリウム泉をはじめとした源泉が3本。
黒湯・炭酸泉・単純泉を愉しめます!

Y313268007.jpg

地元の素材を活かした自慢の料理といやしの空間を楽しめます。

caption.jpg
74639_ara.jpg

広々ゆっくりくつろげるお部屋もあります。

Y313268018.jpg
2402A091000000003.jpg

東鳴子温泉 ホテルニューあらお
以前の国鉄荒雄荘(古すぎ。。。)
JR荒雄荘といってお分かりの方もいらっしゃいますか

源泉名:炭酸泉・黒湯混合泉
泉質:単純温泉

内湯と露天風呂が各男女別に一つずつありました。

元は国鉄の保養所だったので男性の利用者が多かったので、
女性風呂の2倍の広さになっているそうです。

内湯の温度は40.7℃、湯口から61.6℃のお湯が流れていました。
露天風呂は41.5℃あり、湯口からは57.3℃のお湯が多く流れていました。
入浴者が少なかったためか内湯より高温でした。

仙台藩士や岩出山城主が入湯した御殿の湯を400年ぶりに復興させました。

源泉の利用状況などをフロントで質問したため、経営者が入浴後に声をかけていろいろ話をしてくれました。

「レジオネラ菌での死亡者が毎年1万人以上になっており、3ヶ月ごとにきちんと検査して、検出がゼロとなっているところは非常に少ない。
鳴子温泉の8~9割が外国籍のオーナーになっている」

1Fの奥にある浴場には、少し大きめのジャグジー付き内湯があり、大きな窓の外には中くらいの大きさの露天風呂が見えています。

Y313268008.jpg

露天風呂は屋根付ですが、明るい光が差し込む屋根なので、爽快で良い気分なのです。
石造り(コンクリート含む)の浴槽もスッキリしていて清潔で、気持ち良いですね。

Y313268006.jpg

お湯は、東鳴子特有の琥珀色でビニール系アブラ臭のする、
コーティング系ツルツル肌触りの温泉らしいお湯。

そして、ふわっとした茶色の湯ノ花も、浮遊しております。

う~ん、やっぱり冬の露天風呂は最高。
お湯がもうちょっと熱めだと、なお良いのですが‥、
注ぎ口でうずくまるようにして、丁度良いくらいでした。

2Fにある広間にちょっくら。

そこは客室を2つ繋げたくらいの広さの部屋で(画像は上)、
オジサン達が口をアングリと開けて昼寝をしているところでございました。

仲間に入ろうかとも思いましたが、今日は飲めないし
ゆっくりできるスペースもなさそうなので、帰ることにしました‥。

場所はこちらです
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にどうぞ

全室から彩り豊かな日本海を望む絶景の宿 海と入り陽の宿 帝水 秋田県 男鹿半島

男鹿半島の自然と溶け込むように築かれた「帝水」。

Y321613032.jpg

遮るものひとつないその景観は自然と調和し、四季の移ろい、波の音色を心ゆくまでご堪能いただけます。

海を臨む開放感溢れる温泉と地元男鹿半島の心づくしのお料理で格別のおもてなし。
大切な人と贅沢な時間をお過ごしください。

海と入り陽の宿 帝水

images.jpg

男鹿市戸賀の温泉宿、帝水。

水族館GAOから坂をのぼった、丘の上にあります。

外観は自然に溶けこむよう・・・!
秋田県の男鹿半島にある戸賀温泉は、景色が素晴らしい戸賀湾の高台に湧く温泉で、
温泉から臨む日本海に沈む夕陽が特に素晴らしいところです。

640x640_rect_64150268.jpg

温泉の効能は、神経痛・リウマチに良いです。

その戸賀温泉にある大変に人気の高い温泉旅館が海と入り陽の宿 帝水である。

この温泉旅館は、全室に露天風呂があり、その露天風呂から臨む日本海の夕陽が特に綺麗で、
ゆったりと温泉を楽しむことができ、日頃の疲れを癒やしてくれます。

00199537.jpg

海と入り陽の宿 帝水の料理は男鹿沖の日本海からの新鮮な海の幸と、
秋田の新鮮な採れたての野菜を料理長が丹精込めて調理師、とても美味しいと評判です。

日本海を望むお部屋は、床から立ち上がる一枚窓が、とてもオシャレで、
まるで海に続いているように感じさせてくれて、遊園地の観覧車のようです。
至福の時間をじっくりと味わいたいです。

口コミ評価は総合5点満点中4.6点と大変に高評価を頂いていて、
口コミ数も100件を十分に超えていますので、
お部屋、お風呂、料理など、十分に満足できるものと思います。

場所はこちら
↓ ↓ ↓

この宿はインターネット予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

のどかな田舎暮らしを楽しむ拠点宿 八郎潟での釣りや海釣りにも便利な宿 民宿 十三夜 秋田県

のどかな田舎暮らしを楽しむ拠点宿

main.jpg

世界遺産の白神山地と男鹿国定公園の中間地に位置する自然豊かな町にあります。
波音と満天の星空の下でのんびり自由にお過ごしください。
八郎潟での釣りや海釣りにも便利な宿です。

白神山地と男鹿半島への観光に♪お一人様も歓迎♪

世界遺産の白神山地と、国定公園男鹿半島の中間に位置する
三種町で営業しております。

インターから車で10分!釜谷浜海水浴場まで徒歩5分!
温泉施設(砂丘温泉ゆめろん)まで車で2・3分!

日本海に沈む夕日は絶景です。

おばあちゃん家に来たような、懐かしい時間を過ごせる宿です。
ドライブやツーリング、バス釣りなどにも是非ご利用ください。田圃の中の小さな集落の入り口にあります。
古民家を利用した民宿で、お部屋は広く、八畳二間を使えます。

sub1.jpg

1日2組ですが、それぞれに普通の家庭風呂とトイレがあり、プライベートは完全に確保されています。
飲み物の持ち込みも自由なようで、共同ですが冷蔵庫もお借りできます。
食事は海の幸を中心にとても美味しい料理が並びます。

sub2.jpg

話好きな女将さんはとても情報通で、翌日のお薦め昼食場所やコンビニの場所まで丁寧に教えて下さいました。
お値段を考えると完璧に素晴らしい民宿です。

足りないのはトイレにウォシュレットがないことくらいでしょうか。
「ここなら住める」と思いましたが、実際に長期出張で住んでいるような暮らしをしている方も多いようです。

古民家改装の民宿でしたが、とても広く清潔でした。

121216001757.JPG

居間を挟んで両脇が客室ですがトイレお風呂も別々です。

145054_kan.jpg

夕食も山菜お刺身等おいしく、さらにしょうが焼もついておなかいっぱいになり、
とても満足でした。

女将さんが気さくな方でいろいろお話ししたりで楽しい時間を過ごさせていただきました。
場所はわかりづらいかもしれませんが、おすすめの宿です。

こちらです
↓ ↓ ↓

この宿はインターネット予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

日本屈指の強塩泉と郷土の味のおもてなし 秋田県森岳温泉郷 森岳温泉ホテル

森岳温泉郷の温泉成分は、日本屈指の強塩泉、無色透明で弱アルカリ性の天然温泉です。

caption.jpg

韓国料理と旬の郷土料理をご堪能頂けるようお待ちしております。

また客室も充実しておりますので、十分に楽しんでいただけます。

是非お越し下さいませ。日本屈指の強塩泉で、美肌効果の高い温泉です!!

5b-img.jpg

温まるほどに心やすらぐ・・・
良質の天然温泉が心身の疲れを癒してくれます。
泉質は、ナトリウム・カルシウム・一塩化物泉となっております。

効能は、きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・神経痛・筋肉痛・ 関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・慢性消化器病・ 痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進となっております。

また、湯ざめしにくく、血行が促進されるため、美肌・美容への効果が期待されます。
森岳温泉郷で源泉かけ流しは森岳温泉ホテルだけとなっておりますので、
是非ご体験ください。

108cf778.jpg

源泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉です
口に含めば激ショッパ!
森岳のお湯は日本一しょっぱいです!!

湯船に身を沈めるとピリリとした感覚が肌を刺します
注湯口での温度は49.4℃、湯船の中では43.3℃
ちょっと熱めのいいお湯ですわ

おでかけの途中で寄ってみたい人には
すぐ近くにある無料足湯「カッパの足湯」がおすすめです。

足湯は2つ。
温度はちょっと違った気がします。
囲いがあるので、雨が降っても濡れません。

20分間足を入れていると入浴と同じ効果が得られるそうです。
ジワジワと温まる感じが非常に心地良いです!

また森岳温泉「三種町」は『じゅんさい』の生産量日本一!
地元だからこそ新鮮なプリプリっとした食感の
『じゅんさい』を味わっていただけます。

11b-img.jpg

夏季はじゅんさい取り体験もできます。

東北のいで湯と旬のこだわり料理を是非お楽しみ下さいませ。

場所はここです
↓ ↓ ↓

この宿はインターネット予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

やわらかな乳白色の硫黄泉と秋田の郷土鍋【だまこ鍋】の宿 湯の越の宿 秋田県

秋田県の中央山間部【五城目町】にある静かな山あいの一軒宿
やわらかな乳白色の硫黄泉と秋田の食材を活かした創作料理が自慢の宿
どうぞゆったりとお過ごしください 

img_1.jpg

乳白色の硫黄温泉でお肌もスベスベ
硫黄独特の温泉臭とぬめりのあるしっとりとしたお湯が特徴の温泉宿。

広々とした浴室は開放感抜群で、手入れが行き届いた庭園の眺めが最高。

shokujidokoro.jpg

館内はぬくもりが感じられる木作りを基調としており、
浴槽や浴室には天然石が使用され、贅沢な湯が楽しめる。国道285号線から内川地域へとはいり、
浅見内集落にはいって右手にあるのが、「湯の越の宿」です。

敷地に入ると、すぐ開けている場所がかつての浅見内小学校跡です。

そして「湯の元」と書かれた、小さく可愛らしい小屋が迎えてくれます。
湯の越の宿は施設全体に木材をふんだんに使い、
落ち着いた雰囲気とぬくもりを感じられる造りになっています。

裸足で感じる天然木の心地よさ

19_1068_68.jpg

出入り口は、日帰りのお客様もご宿泊のお客様もご一緒です
館内はすべて裸足でどうぞ
天然木の心地よさが足元から伝わります

静かな自然に囲まれる心地よさ

辺りを山に囲まれた山あいの一軒宿
館内は思わず裸足で歩きたくなるくらい天然木の優しさが溢れる廊下も自慢です
足元からも自然の優しさを感じてください

やわらかな乳白色の硫黄泉

et26gB.jpeg

温泉王国といわれている秋田県の中でも珍しい数の少ない本格硫黄温泉

0de0c68e.jpg

ほんのり漂う硫黄の香りに包まれて身も心もリラックス

温度は41.5°~42°とぬるめの温泉になっており、
やわらかく、優しいお湯で、ピリピリしないお湯になっています。
いつまでも浸かっていたくなるような、ゆったりとした気分になれる温泉です。

そんなお湯の歴史は約300年ととても長く、
昭和40年代頃までは浅見内小学校の運動場の側に湧き出ていました。

当時の小学生は、その温泉で、運動をして汚れた足を洗ったり、
掃除に使ったり、替わりばんこに温泉に浸かったりしていました。

しかし、昭和42年の小学校移転の際に、一緒に温泉も埋め立てられてしまったのです。

その後、浅見内地域の温泉は地に眠ったままでしたが、
平成6年、元の温泉の側を深くボーリングしたところ、
再び浅見内地域に温泉が湧いたのです。

現在では、小学校時代に温泉に入っていた地元の方々はもちろんのこと、
県内外からお客さんが来る人気の温泉になっています。

日本海の海の幸 五城目町の山の幸

kXqHDG.jpeg

秋田の四季折々の自然の恵みを活かした和洋の創作料理
秋田の郷土鍋だまこ鍋をどうぞ

topdamako.jpg

お食事処は、11時30分~14時までの営業で、
地元の食材を使った自慢の料理の数々を味わうことができます。

天然木の優しさが溢れるお部屋

xQDspu.jpeg

湯の越の宿の裏にそびえる山では、春には山桜が、
そして秋には色とりどりの紅葉がそれぞれ目を楽しませてくれます。

温泉と、地元の食材を使ったお料理、そして季節ごとに違う四季の景色。
是非、皆さんも五感を開放し、湯の越の宿を思いっきり味わってみてはいかがでしょうか。

周辺観光
なまはげで知られる男鹿半島まで車で約30分
世界遺産白神山地の藤里町まで車で約1時間30分
ゴンドラで行く森吉山、日本の滝百選第2位の安の滝まで車で約1時間40分

場所はこちら
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ