【新日本100名湯】花巻台温泉の隠れ宿、 築100年の木造建築と天然の岩風呂で有名な宿に一人泊 台温泉 中嶋旅館 岩手県花巻市

こころ旅。

源泉かけ流し100%温泉ですので、24時間入浴可能。 

IMG_6138.jpg

昭和3年宮大工建築の木造4階建様式

【新日本100名湯】の岩風呂と手作りのお料理でおくつろぎください。宮沢賢治生誕の地として知られる花巻には
花巻温泉郷である花巻温泉、大沢温泉、鉛温泉などバラエティ豊かな温泉地がそろっています。

中でも大型ホテルの建つ花巻温泉の奥にひっそりと湯煙を上げる台温泉は、
今も昔ながらの湯治場の雰囲気を残しています。

湯治客が手ぬぐいを首にかけて行き来するような、
小ぢんまりとした山あいの温泉街を進んでいくと、
一番奥にひときわ目立つ木造四階建ての建物が見えてくるでしょう。

それが今回ご紹介する中嶋旅館です。

築100年近いという中嶋旅館の建物は、今も綺麗に手入れがされています。

3642bb.jpg

さすがに昔通りの良い仕事をする左官職人など減ってきて、
館内を維持するのは苦労しているといいますが、
代わりに窓は二重窓に、冷暖房は新しいものを入れるなど、
泊ったお客さんが快適に過ごせるような工夫があちこちに見られます。

そして実はこのお宿、玄関と4階の特別室は今も釘をひとつも使っていないのです。
さすがは宮大工の建てた宿!日本の伝統的な建築手法で作られているのですね。

中嶋旅館のお風呂もまたスゴイんです。
瑞岩の湯と名付けられた地下の浴室は岩盤のお風呂と大理石風呂とあって、
男女入れ替え制となっています。

特に岩盤のお風呂はとても深く、水深90cmもあります。

nakashima-ryokan.jpg

昔はこのあたりのお風呂はどこも立って入るほど深かったそうですが、
今はみんな浅いお風呂に作り替えてしまって、
こうした伝統的な浴槽が残っているのは台温泉でももうこの中嶋旅館ぐらいなのです。

お風呂に使っている岩盤は、外から運び込んだものではなく、
もともと中嶋旅館の地下に埋まっていたもの、これをくり抜いて天然岩盤のお風呂にしてあります。

しっかりした地盤なので、お風呂に入っているとなんと震度3程度の揺れでは地震がきたことにも気づかないといいます。

また岩盤風呂の雰囲気は和風ですが、天井を見上げれば太い円柱形の柱が何本も立っていて、
どこかギリシャかローマ風の趣があることに気づくでしょう。

y4zqOM.jpeg

宿の先代が道後温泉でインスピレーションを得てデザインされたそうです。
今見てもモダンで洒落た浴室ですね。

宮大工が建てた宿・台温泉 中嶋旅館、いかがでしたでしょうか。
古い建物が好きな人なら絶対にチェックしてほしい穴場の温泉旅館です。

お湯は単純硫黄泉で、岩盤風呂は容積が大きいので一部循環仕様ですが、
大理石風呂と貸切家族風呂は源泉掛け流しです。

花巻温泉郷の自然や台温泉の鄙びた雰囲気を楽しみながら、ぜひゆっくり滞在してみてください。

場所はこちら
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

絶景のご来光と雲海!湯床からプクプク湧く自慢の露天風呂 藤七温泉 彩雲荘 岩手県 八幡平市

おサルとお風呂に入りたい~
あ、モンキモンキモンキ~♪

3010108_1974_1.jpg

藤七温泉は秋田県からもすぐ近い十和田八幡平国立公園の中にあり、環境庁指定の国民保養温泉地です。

藤七温泉 彩雲荘は海抜1,400mという高山に位置し、東北でいちばん高いところにある秘湯です。

なぜ、おサルと・・・からスタートしたかというと東北自動車道「松尾八幡平IC」の先で「アスピーテライン」「樹海ライン」という道を通るのですが、
この2つの道は冬季閉鎖になるた彩雲荘も冬の間は閉館しています。

photo1jpg.jpg

画像は5月上旬ですが、場所によってはまだ5mくらいの雪の壁がありました!

0007092_20120701180239_80678_L.jpg

旅館前に駐車場があるのですが、満車の場合は200mほど離れた第二駐車場に停めます。
ライダーのかたもたくさんいらっしゃいました。

ガラス戸を開けると売店兼日帰り入浴受付です。

彩雲荘には

・ 5つの混浴露天風呂
・ 混浴内湯 
・ 2つの女性専用露天風呂
・ 男性専用露天風呂
・ 男性専用内湯
・ 女性専用内湯

と、全部で11もつの湯船があって源泉かけ流しの100%天然温泉ですが、
源泉が91℃と高温すぎるため加水しているそうです。
受付の位置から右に進むと混浴メインのゾーンです。

【混浴露天の脱衣所入り口】

なぜか大小さまざまな男性シンボルがお出迎え。

334.jpg

東北最高地1400mにある温泉

DSCF0262.jpg

泉質は単純硫黄泉で、濃度の濃い白濁した湯は少し青みがかっているのが特徴。
お風呂の種類も豊富で、5つある混浴露天風呂も人気です。

タオルを着用しての入浴もできるので、女性でも利用しやすいのはありがたいですね。

露天風呂は混浴と女性専用露天があります

bath_04.jpg

開放的な環境の山のにごり湯

おすすめは秋の紅葉シーズンで、岩手山や八幡平が赤く染まる姿は絶景ですよ。
また、高山植物も多く生育しているので、普段は目にすることが少ない貴重な植物を楽しむことができるのもいいです。

宿泊者なら、日の出前の早朝の露天風呂はぜひ体験したいですね。
雄大な岩手山の影を浮き上がらせながらの山の朝焼けは大感動間違いなし!!

雲海を眼下に望む山の宿

DSCF0336.jpg

標高の高い過酷な環境ゆえに電線が通っておらず、電力は自家発電。

状況によっては電圧が不安定な場合もあるとのこと。不便さも楽しむつもりで訪れるのがベストです。
たまにはパソコンもスマフォも離れてみるのも悪くないですよ

場所はこちら
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

温泉と料理の癒し“しずか美人のオーベルジュ”、全館Wi-Fi完備! 男鹿温泉 結いの宿 別邸 つばき 秋田県

男鹿で唯一、二つの源泉を持つ美肌作りの湯宿。

江戸時代から湯治場として栄え1,000年以上の歴史を持つ男鹿温泉郷。

20504.jpg

湯量は豊富で、海水の成分に似た食塩を含み、
肌に付いた食塩が汗の蒸発を防ぎ保温効果が高まるため、
「熱の湯」と呼ばれ親しまれています。プロが選ぶ日本のホテル・旅館百選 料理部門入賞

32343628_2159890414289563_3542677780963524608_n.jpg

料理長自らが畑や浜に通い、農家や漁師さんと連携しながら、
育て、選んだこだわりの地場食材を、工夫とひと手間を加えた旬の一品を味わえます。
オープンダイニングで焼きたて揚げたての新鮮な魚介類を中心に男鹿の味覚を味わえます。

images (3).jpg

朝食の和食バイキングもこだわりがたくさん。
郷土色豊かなメニューは皆さんの体を内側から目覚めさせてくれます。
板前さんが目の前で焼き上げてくれるアツアツの玉子焼きもオススメ!

温泉郷の中で最も海に近いロケーション

男鹿温泉 結いの宿 別邸つばきは温泉郷の中で最も海の近くにあり、
客室にも潮騒の響きが伝わってきます。

お部屋から見える風景も海の対岸に世界遺産白神山地が見えてやすらぎを得られます。
館内は秋田杉材をふんだんに使用し、浮世絵の美人画を随所に配した和風で趣のあるつくり。

異なる泉質の2本の源泉掛け流しの温泉

117.jpg

広々とした大浴場には男女それぞれに和風庭園に囲まれた露天風呂が隣接しています。

91430155.jpg

女性大浴場にはパウダールームを完備しており、設備も充実。
また、畳敷きの湯上がり処は余裕の広さで好評。

場所はこちら
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

秋田の秘湯◇打当温泉(うっとうおんせん)◇マタギの里で味覚と温泉と歴史を堪能、奥阿仁地域の風光明媚な宿「マタギの湯」秋田県

かつて東北には、厳しいしきたりを守って山と共に生きた「マタギ」と呼ばれた狩人の集団がいた。

-マタギの里打当に、人のココロとカラダを癒すお湯が湧く-

images (1).jpg

打当温泉「マタギの湯」は、秋田県北秋田市阿仁にある、温泉旅館です。

マタギの里の山間に湧く一軒宿。

mataginoyu01.jpg

湯は弱食塩泉で、リウマチや婦人病などに効果がある。
お食事処シカリの熊肉を使ったマタギ鍋定食が名物。

マタギ資料館も併設している。旅行に行くならココ! 
山と湖と温泉、そして郷土料理 心身ともにリフレッシュ!

images.jpg

日頃の生活や都会暮しから離れて、たまには田舎に旅行してみてはいかがでしょうか?

何より日ごろの疲れを癒しに、人ごみのストレスから逃れてくつろげる地へ
それには、ゆっくりできる東北の温泉が最高ですよ!

1.jpg

春も夏も秋も冬も、東北の四季にはそれぞれの良さがあって
四季折々の地元の健康食材を使った郷土料理と癒し効果抜群の温泉と自然が一杯!
充分癒されますよ!

300roten-b.jpg

田沢湖町って?今は仙北市になりました~

かつて秋田県仙北郡におかれていた町で、田沢湖の東の畔に面しています。
林業・観光業が盛んで、小規模な縄文遺跡が点在しています。
北部に位置する玉川温泉の北投石は国指定の特別天然記念物です。

また田沢湖は日本一深い湖として有名で、秋田駒ケ岳方面に行けば、
田沢湖高原温泉郷や乳頭温泉郷などの温泉地や田沢湖スキー場もあり、
温泉と登山やスキーを一緒に楽しめる観光地です。

2003年8月には田沢湖町、角館町、西木村との間で合併が協議され、
2005年9月20日に3町が合併し仙北市となりました。

町の大部分は山岳地帯ですが、角館町との境付近にわずかに傾斜した平地を有しています。
降雨・降雪が多く名前のついた物だけでも100以上ある小川が、玉川に合流し南西に向かって流れています。

場所はこちら
↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

湯守が守る掛流し温泉と個性派ぞろいの8つの風呂。五感を潤す旅を 鳴子温泉郷 極上の貸切露天風呂 旅館大沼 宮城県

旅館大沼は源泉掛け流しの庭園貸切露天風呂など8つの個性的なお風呂が楽しめます。

811883_15072411170032946272.jpg

5つは貸切りOK!
B&B(1泊朝食付)
湯治

など、選べる自分流の宿です。

女性の一人旅でも安心してご利用いただけます。旅館はコンクリート造りのまるでマンションのような造り。
入り口だけは木で雰囲気造りがされている。

館内は外の雰囲気とは一転して綺麗で純和風の今風な趣。

仏画家高橋典子さんが描く天女の大壁画が壁へ書いてある珍しいお風呂。
千人風呂というだけありとても大きい。

mainimg_07.jpg

お湯の色は黄色くて綺麗だった。

湯船の形も変わっているし壁画があったりとあまり見たことがないような独特の雰囲気があるお風呂。

貸切風呂が沢山あり、1階へは2つとふかし風呂一つ、内庭露天風呂は小さいながらに露天風呂になっていて案外落ち着く。

旅館大沼の中で宿泊者のみが入れる「秘密の露天風呂(母里の湯)」以外ではここが唯一の露天風呂。

1階にある3つの貸しきり風呂は同じ泉質の赤湯と呼ばれるもの。
特に美肌効果があるらしい。

DSC_4758_1200.jpg

でもでも
「旅館大沼」と聞いてまっさきに思い浮かぶのは
やはりこのはなれ山荘の貸切風呂「母里の湯」だ。

DSC_4671_1200.jpg

多くの人にとってそうじゃないだろうか。

16時となり帳場へ降りていくと、玄関にマイクロバスが迎えに来ていて、
これで貸切の風呂のあるところまで連れて行ってくれる。

大沼旅館は背後に山を背負ったロケーションで、
貸切風呂はこの山への坂道を1~2分上ったところにある。

木造の湯小屋に入ると、官能的な景色が目の前に現れた。

夕刻。灯りが湯の上でゆらゆらゆら。

この光景にゾクゾク。

この背負った山の自然界と人間界の境界のような現実離れしたところにいる気分だ。

モール泉独特のアブラ臭が軽く漂い湯の音が心地よく心に響く。
30分はあっという間に過ぎた。

30分の有料貸切なのだが、ホームページのスタンダードプランなどにはもともとこの貸切利用が含まれている。

この癒しの空間へ是非!!

DSC_4857_1200.jpg

場所はこちら

DSC_4671_1200.jpg

↓ ↓ ↓

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ