クチコミ夕食4.8★花明りのオブジェが誘う非日常空間へ花明りの宿 月の池

かみのやま温泉について

上山は松平氏三万石の城下町、宿場町、温泉町として栄えました。
上山温泉はその昔、僧月秀が、鶴が脛(すね)の傷を癒しているのを見て発見したといわれ、別名「鶴脛の湯」とも呼ばれています。
当館正面玄関の向かいの薬師堂境内には開湯の由来となった「鶴の休石」がございます。 この霊験あらたかな源泉を当館ではそのまま引いており、効能豊かな泉質をご利用いただいております。
薬師堂には、屋根付の足湯があります。
ゆかた姿で散策しながら、
温泉情緒をゆっくりお楽しみください。

山形県上山市にある「花明りの宿 月の池」は、かみのやま温泉の湯元に位置する純和風の旅館です。
花明りの宿 月の池は、モダンで落ち着きのある空間に、あたたかみのある照明が灯る幻想的な雰囲気が魅力の宿です。
また、地元・山形で採れた食材を中心にした郷土会席料理や、かみのやま温泉ならではの贅沢な温泉も魅力があり、女性から年配の方まで幅広い層の方から人気を集めています。今回は、そんな「花明りの宿 月の池」について詳しくご紹介します。

館内に一歩足を踏み入れると、ロビーまで見渡せる広々としたエントランスの空間が広がります。
床には、玉砂利がぎっしりと敷き詰められており、不規則に並べられた飛び石の上を歩いてラウンジまで進みます。

月の池は、お部屋が全部で18室あり、露天風呂付き客室と一般客室があります。
今回は一般客室のお部屋をご紹介します。

お部屋は10畳の和室で、純和風のすっきりとした造りになっています。

縁側のスペースも大きな窓からたっぷりと光が降り注ぎとっても心地の良い空間です。
こちらに座って窓の外の景色を楽しむのも良いかもしれませんね。
こちらはお煙草を吸うことも可能ですので、煙草を吹かしながらゆったり寛ぐのも素敵です

花明りの宿 月の池の大浴場

こちらは、大浴場です。入り口には玉砂利と踏み石が敷かれており風情があります。

こちらは、脱衣所です。洗面所と髪を乾かすコーナーが分れていて使いやすそうです。
また、中央にはドリンクコーナーも用意されており、お風呂上がりに冷たい一杯を心おきなく楽しむことができます。

こちらが大浴場です。
広々としていて気持ちがよさそうですね。
大浴場は翌朝の10時まで夜通しで利用することが可能ですので、滞在中は好きなだけお風呂を満喫することができます。

こちらは檜露天風呂です。
湯あたりが柔らかいのでお肌にも優しく女性にも嬉しいお風呂です。

露天風呂では、16時~20時までの間は、枡酒を頂くことができます。
昼間から枡を片手にあったかいお風呂でのんびり・・・。
お酒好きにはたまらない最高の贅沢です!!

こちらは、「笹舟」と呼ばれる露天風呂です。
その名の通り笹の葉をかたどった湯船に、お湯がたっぷりと注がれて風情のあるお風呂です。

花明りの宿 月の池の夕食

前菜。
大きな赤いお皿に並べられた前菜の数々は、彩りも鮮やかで見た目もとっても綺麗です。お皿の上を彩っている南天の枝も風情があって素敵ですね。

雪牡丹盛り。鯛や帆立、甘海老など新鮮な魚貝が少しずつ。

焼き物。
杉板に包まれたお魚は、木の香りを纏ってとっても良い香りです。
付け合わせの干し柿は、季節の訪れを感じます。

定番料理だという「だだちゃ豆の秘伝流し」は竹筒に入っており、とろけるような舌触り。

山形産ひとめぼれのほたてごはん。
ほたての旨みがお米に染みこんだ極上の一品です。
この後お食事はデザートまで続いていきます。
お食事はどれも食べやすい量になっており、女性やお年寄りにも喜ばれる内容になっています。
山形の味を存分に満喫して、大満足のディナータイムとなることでしょう。

いかがでしたでしょうか。
花明りの宿 月の池は、モダンで幻想的な空間と風情のある温泉、山形の味を存分に堪能できる郷土料理懐石が魅力の宿です。
また、空間の至る処で女性目線での気配りや心遣いがされていますので、女性同士でのご旅行や一人旅にも安心して利用することができるでしょう。
こちらを参考に、今度のご旅行には、花明りの宿 月の池を訪れてみてはいかがでしょうか。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちら
 ↓ ↓ ↓

心地いいおもてなしと静寂の時間に包まれるプライベートな空間 赤湯温泉 森の湯

全館平屋の贅沢な造りの宿。
露天風呂付き客室「みちのく亭」スタンダード客室「紅花館」からお選びいただけます。
お食事はプライベートダイニングで。
「つかず離れず」のおもてなしが嬉しい宿。

赤湯温泉 森の湯の客室

みちのく亭 ~和風モダンの露天風呂付き客室に憩う~

雪深い赤湯の地で風雪を気にせずに離れへ行けるように、昔懐かしい路地にも似た渡り廊下になっています。
その先に待つ和風モダンな部屋は、24時間いつでも気軽に露天風呂を楽しむことができます。
四季折々の風情を見せる庭園を眺めながら、誰にも邪魔されずゆったりとお過ごしください。

花かざり(和洋室12畳+和風ベッド+陶器露天風呂)

フローリングに琉球畳を合わせた「花かざり」。
和の重さを感じさせすぎないモダンなお部屋で、お気のむくままに時間をお過ごしください。
信楽焼の陶器露天風呂は、お湯の熱が逃げにくく、その質感もまた楽しみのひとつです。夜はゆったりとした和風ベッドでごゆっくりとお休みください。

わらべ(和洋室12畳+和風ベッド+陶器露天風呂+マッサージチェア+プロジェクタールーム)

「わらべ」は、この宿で一番の広さを誇る露天風呂付き客室。
信楽焼の湯船も、他の客室に比べひとまわり大きな造りに。
ゆったりとした解放感は、すべてが大きく見えたあのころを思い出させてくれます。
マッサージチェアも備えた「わらべ」でごゆっくりおくつろぎください。

こんなに大きなシアタールームって贅沢ですよね

こんな感じで離れで楽しむ宿です
当然各部屋に露天風呂が作られていますので
気兼ねなくゆっくりつかれる贅沢がここにあります

赤湯温泉 森の湯のお風呂

自然に抱かれ、四季の風情を露天風呂で。

約900年の歴史を誇る山形県赤湯温泉。
古来から源氏、上杉家と武将たちに愛されたこの名湯は、戦での傷と疲れ果てた身体を癒し続けてきました。
その素晴らしき効能は、赤湯の人々にとって大切な宝。
桧造りの露天風呂、内風呂のほか、露天風呂付き客室もありますので、お好みに応じて歴史ある湯を存分に楽しみましょう。

四季折々の風情を肌に感じながら、ゆったりと湯につかり、わたる風の心地よさに時を忘れる。
源泉と交じり合う桧の香りと露天風呂ならではの解放感。
こころとからだを癒すひとときを心ゆくまでお楽しみください。

赤湯温泉 森の湯のお食事

旬の味覚、季節に彩りを添えて。

山形の食材を厳選し、季節の山菜が彩りを添える旬の味覚。
季節ならではの素材に料理長のこだわり。
お客さまの舌を喜ばせるために創意工夫を凝らしたお料理には、素朴さとやさしさを盛り込みました。
その時々でしか食せない旬の味覚を、ぜひご賞味ください。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルでの予約はこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんでの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓

置賜の紅葉は10月後半から♪♪11湯巡りと癒しのサービスが満載!赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守

当館の「御殿守」という名は、上杉家赤湯御殿の用人(守番)の役職名「御殿守(ごてんのもり)」から命名されました。
当時、赤湯御殿には併設して、赤湯温泉で一番古い大湯という源泉がありました。
大湯には、上杉家の殿様の入る御殿の湯(御留湯)、上湯、下湯、馬洗いの湯などがあり、当初は御殿守と湯守は別々に任命されておりましたが、後に両方を兼ねるようになりました。
当館では代々御殿守を世襲しておりましたが、明治になり、上杉家から赤湯御殿を譲り受けました。

歴史好きにはたまらない宿だと思います

開湯900年・赤湯温泉の話

寛治七年(1093年)、奥州統一を夢見た源義家の弟義綱が出羽の平師妙の乱の際、草刈八幡のお告げにより発見し、傷ついた兵士を湯に入れたところ、たちまち傷が治って、温泉は傷からの血で深紅に染まったところから、赤い湯、赤湯となったといわれています。

古くから羽州街道の宿場町として栄えてきた湯仙郷であり、伊達藩、上杉藩の御殿湯として重宝されてきました。
「名君」として名高い上杉鷹山公もこよなく赤湯を愛し、書画を描かせたほどであり、今もって”美肌の湯”として知られています。

お着き酒

上杉家伝統のおもてなし。
まずは一献いかが…

上杉家伝統のおもてなしです。
上杉家では賓客がお着きになると お酒をお出ししておもてなしをしておりました。
玄関を上がりましたら、室町時代の復古酒でまずは一献いかがでしょうか。

こんなサービスもたまらないですよね

彩り浴衣

ちょっとおしゃれに湯上り美人。

お風呂上がりはやっぱり浴衣でしょう
到着時に色とりどりの浴衣から気に入ったものを選んで着ることもできます
こんな楽しみもいいですよね

庭園に面したくつろぎ処です。
大きな1枚板のテーブルがアットホームな雰囲気です。

お風呂

御殿守は上杉家の別荘として温泉を守り380 余年。
お殿様の” 時の浪漫湯” に思いを馳せながらゆっくりつかりましょう。
12 のお風呂はすべて温泉を毎日入れ替えていますので、清潔で新鮮な温泉を存分に楽しむことができます。

「日本一の大石風呂」「源泉枡風呂」など東湯は全部で5つのお風呂が楽しめます。

東大浴場

飲泉や温泉将棋が楽しめる大浴場。
温まりながら一勝負!

東露天岩風呂

北海道の日高の青石でつくった岩風呂です。天然記念物玉川産「北投石」が入っています。

大石風呂「龍神の湯」

南蔵王山麗より採取した安山岩、通称蔵王目透き石は重さ100トン余り、縦5メートル、横4メートル、高さ5メートルもの原石をくりぬき、その大きさはまさに日本一。

源泉枡風呂

100%源泉のお風呂です。

原石風呂

重さ40トンの大石風呂「原石風呂」。湯ぶちは天然そのままです。

軌跡の湯を作る「北投石(ほくとうせき)」

世界でも台湾と秋田県玉川温泉の2ヶ所でのみ発見され、大正11年に国の特別天然記念物に指定されたラジウム放射線を有する重晶石の一種。
温泉の成分が石化した物で、主に硫酸バリウムと硫酸鉛で出来ており、蛍光性と熱燐光を発する珍しい鉱物です。

東露天岩風呂 北投石

東湯だけでもものすごいです
このほかに西湯、貸しきり風呂があり、本当に満足の宿です。

食材王国やまがたならではの豊富な食材を駆使した、斬新な料理。
新料理長が作る御殿守の料理は、真摯な日本料理に洋の技法を取り入れた新しい山形料理の境地です。
御殿守ではお肉・お魚・野菜の全てを、料理長が厳しく選んだ物だけを使用しています。 食材から始まる美味しさの数々をお楽しみください。

ワインテイスティング

南陽市内4つのワイナリーのワインを無料で試飲できます。
日替わりで4本のワインがあるのもうれしいです。
ロビーで16時から18時まで開催、お泊りの際にはぜひ。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルでの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓


じゃらんの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓