日本海を眺める源泉掛け流し100%の湯が自慢! 湯野浜温泉 海辺のお宿 一久

西に雄大な日本海が広がる鶴岡市の湯野浜温泉。
とくに、海岸線と並行するように走る国道112号線沿いには、日本海の絶景を謳う温泉旅館が数多く建ち並んでいます。
「海辺のお宿 一久」(以下「一久」と略称)も、そうした眺望に恵まれた温泉宿のひとつ。


水平線まで続く日本海が望めることにくわえ、目の前が湯野浜海水浴場という抜群のロケーションに建っています。
その距離、歩いてわずか30秒。
夏場の海水浴はもちろんですが、凍てつく冬でも、日本海の壮大なスケールを満喫できてしまうのです。
さらに、一久にある客室は全室オーシャンビュー。
また夕食では、新鮮な海の幸をたっぷり味わうこともできます。
絶景・温泉・グルメの3点で、宿泊客を手厚くもてなしてくれる一久。

素足で感じる、くつろぎとやすらぎのしつらい、さりげないおもてなしを心がけています。
源泉掛け流しの温泉と季節の美味しさを感じられるお料理をぜひご堪能ください。
シルバースター登録の宿のため、ご高齢の方が利用しやすい宿泊施設となっています。

なんといってもどこの部屋からも日本海を一望できるという
とてもいい感じの宿です

「海辺のお宿 一久」のある湯野浜温泉は、日本海に面した浜辺にあり、夕陽百選の一つに選ばれています。

クラゲや羽黒山を満喫したい時に泊まる温泉地としておすすめです。

宿の裏から出ると、すぐ浜辺に着きます。
この立地がまたすばらしい。
裏の敷地に咲いたあじさいがキレイ。

そんな立地ですから
ロビー一面広がる海!日本海。
すごいですよね。

日本海の見える大浴場


一久にある大浴場は「天の原」と「海の原」の2つで、それぞれに内湯と露天風呂が完備されています。
男女入れ替え制での利用になり、 利用時間は15:00~24:00と翌朝4:00~10:00。
入れ替えの時間は4:00です。

大浴場・天の原

晴れているとこんな素敵な景色の中でゆったりできます。

そういえば、この温泉にコップの置かれた飲む用の温泉もありました。
慢性便秘に効くそうで、1杯飲んだだけですが、ほんとに効きました。


洗い場も含め、内湯は全体として見渡しの良い造り。
浴槽に注がれているお湯は100%源泉かけ流しで、加水・加温・循環などは一切行われていません。
天の原には寝湯もあるので、いっそうゆったりと温泉三昧が送れるでしょう。

露天風呂は浴槽に岩を並べた風情ある装い。温泉情緒もたっぷりと味わえます。

大浴場・海の原

海の原にある内湯の特徴は、湯野浜温泉のお湯と絶景が同時に満喫できること。
露天風呂は贅沢な檜風呂で、檜特有の芳しい香りも合わせて楽しめます。

夕食

部屋出しの夕食は和食膳。
日本海の魚介類を豊富に使った料理が堪能できます。

豪快かつ贅沢なメニューは活鮑の陶板焼き。ポン酢や薬味と合わせていただきます。

一方、お肉料理で味わえるのは特選山形和牛のたたき。
さっぱりとした後味の上質なお肉が楽しめます。

「海辺のお宿一久」の基本情報&まとめ


壮大な日本海に面して広がる鶴岡市の湯野浜温泉。
考えるまでもなく、名称そのものがこの温泉郷の魅力を余すところなく物語っているでしょう。
まさに、湯野浜温泉の自慢は、良質な温泉と絶景が望める砂浜。
日本の夕日百選の地に選ばれた砂浜だけあり、落日の瞬間には言いようのない美しさに一帯が包まれます。
今回紹介した一久は、そんな湯野浜温泉の魅力がぎゅっと凝縮された名物旅館。
全室オーシャンビューなので、くつろぎながら日本海の夕日が観賞できてしまうのです。
ぜひ一久に宿泊して、湯野浜温泉の醍醐味を味わってみてください。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルでの予約はこちらから
 ↓ ↓ ↓


貸切風呂と手づくり美食の宿 湯田川温泉 九兵衛別館 珠玉や

山形県 湯田川温泉 小さな宿ならではのおもてなし
誰にも気を遣わずにゆっくりと流れる時間を楽しんでください。

湯田川温泉は約1300年前、傷を負った一羽の白鷺が葦原に降り、そこに湧いていた湯で傷を癒やしたと言われる、歴史ある温泉です。
そのため昔は「白鷺の湯」と呼ばれていました。
●開湯
和銅5年(西暦712年) 山形県では蔵王温泉、五色温泉についで3番目に古い。
東北では8番目に古い。
●泉質
ナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉(旧泉質名含石膏芒硝泉)
●源泉湧出量
毎分 約1,000リットル
●源泉温度
43~44℃

吉永早百合さんが2泊した(2014年4月)九兵衛旅館の手前にある別館。
温泉は、最上階にある展望浴室と、1階に2室。
全て貸切ですが、予約は必要なく、空いているときにいつでも入れるシステム。

こちらは5階にある展望風呂「まんてん」。

こちらは1階にある檜風呂「あさつゆ」。

同じく1階にある檜風呂「ゆうぎり」です。

  • 泉質は硫酸塩泉で嬉しい掛け流し。
  • 無色透明でさらに香りもほとんどなし。
  • 温度は40~43℃と調度良い暖かさ。

大浴場に入りたいときは、お隣(徒歩1分)の九兵衛旅館の温泉浴室もいつでも利用可能なのでご心配なく。

なんといっても、ここは料理が素敵。
朝も夜も、多くの宿を経験した大人にこそ満足のいく料理だと思います。
「実はけっこう手間かかってんね? てか何気に高級」って言い方では雑すぎるひょうげんですが、女性も、年配客も、大喜び間違いなし。


ゆっくりと時間をかけて楽しみたくなる食事の時間です。
基本的に部屋食ではないが、食事処の雰囲気も良く、間仕切りがあってプライベートが保たれているのがうれしいです。

宿の中はとても清潔です。
ロビーの様子もまたいい感じにくつろげます。

接客、お風呂、料理、部屋どれをとってもすばらしい宿です。
全8室とこじんまりしてるのもいいですね。

湯田川温泉は、山形県内でも知っている人が少ない穴場的な温泉街。
歴史もあります。

庄内の旬の食材でつくられたお料理・そして気兼ねなくゆっくり出来る貸切風呂が魅力の宿です。

この宿はオンライン予約ができます
インターネットでポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちら
 ↓ ↓ ↓

山形・湯野浜温泉の宿。源泉掛け流し風呂、海まで徒歩2分 温泉民宿 しらはま屋

源泉100%掛け流し温泉

湯野浜温泉は古くから栄えた温泉地で東山温泉、上の山温泉とともに奥羽三楽郷の一つとして有名です。

夏には山形最大の湯野浜海水浴場も賑わいます。

夕食は新鮮な魚介類を使った自慢の料理をお楽しみ下さい

目の前に海水浴場がある温泉地、湯野浜温泉。部屋からは夕陽も拝む事が出来た。

この民宿は料理の良さと源泉かけ流しの温泉に入れるのが特徴です

民宿しらはま屋(湯野浜)

ビジネスプランでもこのボリュームです
見てくださいこの晩御飯の料理の凄さ!
1人1人にカニ1匹と海の幸がふんだんにあります
もちろん味も抜群でお酒が進んでしまいます

民宿しらはま屋(湯野浜)

お風呂は、男女別の内湯が一つづつ。

お湯は非循環、非消毒、非加水の掛け流し。
熱めの源泉が注がれ絶え間なくお湯が溢れ出ています。
無色無臭、口に含むと物凄く良い感じの塩味、こりゃ美味い。
しかし飲泉許可は無いので飲めない。
浴感は少し硬い感じでゴワゴワ感有り、浸かっていると肌がキシキシしてくる感じです。
温まりは凄く良いです。


湯船で日ごろの疲れを癒してみては?

中風呂こちらも源泉100%掛け流しです。

“温泉民宿”と謳ってはいるが、普通に温泉旅館ですね。
綺麗とは言い難いが、特段汚れてる箇所も無く環境は良いです。
部屋もこんな感じです

ライダーに好評!屋根付ガレージです。
バイク20台位入ります。
予めご連絡をしてください。
ツーリングで疲れた体を温泉でゆっくり癒して、明日もどうぞ安全運転で、いってらっしゃいませ。

部屋もきれいで宿の対応も親切で安心して泊まることができます
海まで2分のこの温泉、ぜひ家族で泊まりたい宿ですね。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちらから
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちらから
 ↓ ↓ ↓

湯野浜海岸まで徒歩3分!海の幸&源泉かけ流し温泉が自慢の宿♪ 温泉民宿 真砂子屋

海水浴や釣り、トレッキングや観光に絶好の立地!
新鮮地魚&カニ料理と100%源泉かけ流しの天然温泉で心づくしのおもてなし。
日本の夕陽百選に選ばれた、湯野浜海岸の美しい夕日は必見☆足湯もあり!

湯野浜の海岸からほんの数分歩いたとこになります。

民宿とありますが、旅館と民宿を足して2で割ったような雰囲気です。

なんといってもこの宿 お料理がいいんです。。。。
ご主人は、以前マグロ船にのられていたとのことで,おいしいマグロ料理がいただけるんですよ

お刺身には「やりいか」「赤えび」「とろ」のほかに「マグロのほほ肉」がついてました。
それに「ズワイガニ」「しゃぶしゃぶ」といっぱいあります。
メインが地中海産のマグロの尾っぽの『マグロステーキ』


新鮮なお刺身やカニ、しゃぶしゃぶなど美味しいものをたらふく食べられます。
また館内の温泉の他、外にも足湯があったりと、とても民宿とは思えません。

ズワイガニ~~~

 このスレンダーさがたまりません

そして源泉かけ流しの温泉


  • 泉質分類塩化物泉
  • 効能分類
    • 火傷(やけど)・運動麻痺・打ち身・消化器病・神経痛
    • 捻挫(ねんざ)・挫き(くじき)・切り傷・筋肉痛・関節痛
    • 皮膚病・痔・五十肩・婦人病・冷え性

入り口には足湯もあります

新館の部屋も綺麗で、また是非遊びに行きたいお宿です

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちらから
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちらから
 ↓ ↓ ↓

源泉かけ流しと手づくり料理を楽しむ湯宿 湯田川温泉九兵衛旅館

湯田川温泉九兵衛旅館は、山形県鶴岡市の奥座敷と呼ばれる、三方を山に囲まれた静かな温泉地です。

鶴岡市のもう一つの代表的な温泉地である湯野浜温泉は、団体客も泊まれる大型旅館やホテルも多く、海辺のため海水浴シーズンに特に賑わいを見せるのに対し、湯田川温泉は小規模旅館ばかりで本当に静かです。

全13室、朝夕食とも個室料亭でいただく、10歳未満お断りの大人がゆったり過ごせる宿

九兵衛旅館は「とても静かでくつろげる宿だ」ということです。
湯田川温泉はもともと静かな温泉地ではありますが、その中でもバスが通る一番大きな通りから少し奥まったところにあるため、宿の中にいて外を歩く人の声が聞こえるということもありません。

また、お子様のご利用を10歳以上(4年生)に制限しているので、浴室や共同スペースでお子さんの声が聞こえるということがありませんでした。

「田の湯」という小さな共同浴場の隣に九兵衛旅館さんはあります。

九兵衛旅館にチェックイン

九兵衛旅館さんはスリッパ不要の宿です。
裸足で歩いても足が冷たくならないよう、寒い季節は廊下には床暖房が入っていて、どこに行ってもとても暖かいです。

ロビーからは美しい中庭を眺めることができ、中庭に出ることもできます。

床暖房が効いている、見た目にも美しい廊下。
段差はなく、バリアフリーと言えばそうなのですが「元は段差だったところをならした」と思われる部分がちょっと隆起しており、案内していただくとき「気をつけてくださいね」と言われました

こちらが小雪の部屋。

昔ながらの、奇をてらわない10畳間。

お茶うけが2種類ありました。しかもこれが、どちらもめっちゃおいしい!!!

f:id:happydust:20180220224032j:plain

大きいのは「庄内の若くさ餅」
地元産の草餅で、中には餡が入っており、柔らかくとてもおいしい。
小さいキャンデイのようなものは「玉露名人」という名前で、その名のとおり抹茶味のチョコレートです。

【風呂】★★★★☆ 幻想的な内湯から展望貸切風呂までバリエーション豊富に楽しめる

湯田川温泉九兵衛旅館で使用している源泉は1種類のようで、すべての浴室に同じ温泉分析票が置いてありました。 

f:id:happydust:20180221030240j:plain

ナトリウム・カルシウムー硫酸塩温泉。ph8.7のアルカリ性の源泉です。

お風呂は、九兵衛旅館内に大浴場が2つと貸切風呂が1つ。
大浴場は20時で男女の浴室が交代になりますが深夜も入浴可能で、朝10時まで入れます。
貸切風呂は空いていれば内側から鍵を掛けて自由に貸し切れる仕組みで、24時間入浴可能とのこと。

ひとつはなんと金魚と一緒に入るお風呂です
いやいや、いっしょではないですね
大きな水槽がある大浴場です。
幻想的です

湯口のお湯は、時折止まることもありましたが、ほのかに硫黄の香りがして、新鮮さを感じさせる良いお湯でした。

山の湯の浴室は、 大きなガラス窓を中心に、内湯と露天の浴槽がちょうど対称な形で設置されています。

f:id:happydust:20180221030051j:plain

内湯からガラス越しに外を眺めると一瞬、鏡を見ているかのような錯覚に陥りますね。
いや、よく考えたら向こうは外でこっちは室内で完全に違うのですけど……。

露天に出てみます。 

f:id:happydust:20180221030131j:plain

内湯と同様に、浴槽の角にウサギの置物がありますね。

そして、やはりちょっと熱めのお湯ですが、冷たい外気にあたりながらだと気持ちいいです。 

九兵衛旅館内の空いていればいつでも入れる貸切家族風呂

九兵衛旅館内には、空いていれば内側から鍵をかけて好きに貸し切ることのできる、家族風呂のような小さな浴室があります。

f:id:happydust:20180221030400j:plain

 「空いております」になっていたら、札を「入浴中」に返して、中から鍵をかけて入ればOK。

特に眺めはなく、すだれのようなもので目隠しされていました。 

f:id:happydust:20180221030511j:plain

こぢんまりとした浴槽で、湯温は大浴場に比べてもけっこう熱めな気がします。
湯田川温泉の源泉はそこまで熱いわけではないので、このお湯も加温しているはずですが……もしかして「熱めのお湯だと長湯しにくい」ことも加味して熱くしているのかもしれませんね。

【食事】★★★★★ 文句なしの満点。毎月メニューがガラリと変わるのもすばらしい

何がすばらしいって、季節の食材に合わせて、毎月のようにがらりと夕食のメニューが変わるのが本当にすごいです。

季節の料理プラン例はホームページに掲載されているのですが、なんと14プラン。
月に1回以上の頻度で変わるのですね。

また、九兵衛旅館さんでは食事はすべて「個室料亭」でいただきます。
一人泊のときに食事処は抵抗がある……という方でも、問題ないかと。

お刺身。
運ばれてきたときかなり驚きました。
まるでケーキのような、花束のようなあしらいです。

f:id:happydust:20180221032315j:plain

平目、生だこ、鯛、本マグロ。
本マグロは見事な脂ののり方で、口の中でとろけました。

春キャベツと桜美豚のとろり鍋。

f:id:happydust:20180221032345j:plain

春の野菜をサッと煮て歯触りを楽しみます。
もちろん、日本酒にあう味付けです。

揚げ物。 ばんけチーズと山菜の天ぷら。タラの芽。こごめ。

f:id:happydust:20180221032406j:plain

「ばんけ」とは庄内弁で「ふきのとう」のこと。春の恵みですね。。。
右下に見える塩の結晶は庄内産の「花塩」とのこと。こちらでいただきます。

鰤の照り焼き。 

f:id:happydust:20180221032426j:plain

なんの生臭さもなく、ブリの実が口の中でほろりとほどけます。お酒が進みますね。
添えてあるネギやエリンギもちょうどよく煮えており、おいしい。。。

あくまでも一部分ですが、とにかくすばらしい食事です!!

【再訪したい度】★★★★★ 季節を変えてまた行きたい

温泉宿好きの知人たちがこぞって褒め称えていた宿なので、正直なところ、かなりハードルが上がっていたところもあるように思います。

すばらしいお宿です。

特別に安い宿ではありません。2人で平日に泊まって、1万円台後半というところでしょうか。休前日だと2万円ぐらいかな。。。

でも、この宿の料理のことを考えると、同価格帯の宿と比較したらむしろコスパいいよね、と思えてしまいます。
ゆったり過ごせますし。
休前日でも一人泊を受け付けているのもありがたいなと。

誰におすすめしても間違いない宿です。

この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなど
お得にゲットしましょう

楽天トラベルはこちら
 ↓ ↓ ↓


じゃらんはこちら
 ↓ ↓ ↓